小柴 貯油 施設 跡地 公園。 小柴貯油施設とは

公園 施設 跡地 小柴 貯油 公園 施設 跡地 小柴 貯油

タンクには鉄やコンクリート製のふたがあり、上部を土が覆っていたが、一部が崩れ落ちていた。 このうち、横浜市中区と南区、それに磯子区にまたがる「根岸住宅地区」の43ヘクタールと、横浜市金沢区などにある「池子住宅地区及び海軍補助施設」の1ヘクタールについては、平成16年10月に日米両政府の間で、返還することで合意されています。

公園 施設 跡地 小柴 貯油 公園 施設 跡地 小柴 貯油

これは、当初、 Bの所に残土を置くためのもので、その後、 Bが一杯になったので、 Aの方に置くように横浜市が指示した。 環境創造局長は「地下タンクの位置の明示については、現在警察で捜査しているので回答を控えたい」と答えるにとどまりました。 貯油施設東部および旧海岸線の小柴埼緑道を「緑の広場空間創造エリア」、北西部を「自然環境保全エリア」、南部を「里山空間再生エリア」、中央部を「活動・体験・学習エリア」と4つにゾーン分けし、「緑の広場空間創造エリア」を第1期として、度から約5年をかけて整備される。

公園 施設 跡地 小柴 貯油 公園 施設 跡地 小柴 貯油

こんにちは。 もくじ• 9ヘクタールが返還されています。

10
公園 施設 跡地 小柴 貯油 公園 施設 跡地 小柴 貯油

1982(昭和57)年5月28日 (横浜市史資料室広報課写真資料) 1948(昭和23)年に米軍に接収され、米軍の航空機燃料を貯蔵する施設として使われてきたが、2004(平成16)年に日米合同委員会で一部の返還が合意され、翌年の2005(平成17)年には陸地部分全域と制限水域の一部が返還された。

13
公園 施設 跡地 小柴 貯油 公園 施設 跡地 小柴 貯油

もくじ• 地下タンクは撤去せず埋め戻され、地上タンクの一部はモニュメントや、壁面緑化の見本として活用される。 様々警察の調査中で、「今は、わからない」としか言えないことが多すぎます。

12
公園 施設 跡地 小柴 貯油 公園 施設 跡地 小柴 貯油

約55・8ヘクタールの広大な敷地を、緑の広場空間創造エリア、自然環境保全エリア、里山空間再生エリア、活動・体験・学習エリアの4エリアに分け整備する。 女性によりますと公園の造成工事が始まる前「小柴貯油施設」の跡地は、敷地内を通り抜けることができたということで、「7年近く住んでいて、地上部分にタンクが残っているのは知っていましたが、地下にもあるとは知らずびっくりしました」と話していました。

4