三戸 政和。 三戸政和 おすすめランキング (29作品)

政和 三戸 政和 三戸

古いビジネスモデルのままか、無理のあるビジネスモデルを採用している(p35) ・過剰な数の営業マンを抱える大企業がここまで増えた理由は、大量生産・大量消費にある(p42) ・営業職全体は張っているのに、営業事務職が増えている理由は、外回り型営業マンが減って、セールステックと総称される営業支援ツールを駆使する、内勤型営業マンが増えているから(p56) ・全体のプロセスを、戦略・作戦・戦術のフェーズに分ける。

9
政和 三戸 政和 三戸

その結果、日本の労働生産性はG7中、最下位。

12
政和 三戸 政和 三戸

彼らがどのような場面でどう意思決定し、どう行動に移してきたかを、つぶさに見てきた。 あ~、面白い。 本書の意見の大枠は賛成できた。

政和 三戸 政和 三戸

最後の「戦術」とは、作戦を実現させるための手段であり、成果を上げるための具体的な方法論である。 ======= 失敗の本質、とか、戦略の本質、とか、野中先生の関連本を読んできたところもあるが、改めてこのとおりストンと整理された部分は抜粋しておきたくなった。 個人で会社を買いたい人、三戸の書籍を読んで具体的な相談をする仲間が欲しい人、企業内でM&A部署などにいる人、将来会社を買いたいと考えている人におすすめです。

18
政和 三戸 政和 三戸

同市の公立小学校、公立中学校を卒業後、高砂市にある兵庫県立高砂南高校に進学します。

18
政和 三戸 政和 三戸

だからこれまで「資本家の考え方」は世に出てこなかったのでしょう。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 サラリーマンの不幸の根底には「営業」がある(郵便局の「保険押し売り」はなぜ起きたのか/「不正」と「ノルマ」の問題は郵便局だけじゃない ほか)/第2章 世界はもう「営業不要」で成功しはじめている(100万人の営業マンが消えた/「営業」とは? ほか)/第3章 テクノロジーが営業を殺す(テクノロジーが営業という概念を消す/B to Cで起こった現象はB to Bでも起こる ほか)/第4章 営業マンはどこに向かうのか(今後、営業マンはどう生きるべきか?/営業マンは経営者に向いている ほか)/第5章 営業マンを自由にする「小商い」のすすめ(会社から搾取され続けていないか/戦略立案の自由を取り戻せ ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 三戸政和(ミトマサカズ) 株式会社日本創生投資代表取締役社長。 株式会社日本創生投資 代表取締役社長。

9