賃金 台帳 記載 事項。 法定三帳簿(労働者名簿・賃金台帳・出勤簿等)とは?作成・整備・保管方法

台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

残業手当などのもとになる時間数は別に集計して計算し、給与計算ソフトに金額を入力していますので問題はないと思いますが、正社員から労働時間数を載せるべきだ、という意見が出ました。

台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

従業員1人でも賃金台帳は作成しなければ法律違反となるため注意しましょう。 しかし、期間限定で採用するケースもあり、正社員とは分けて管理をすることは多くあります。 ・民法【総則】試験対策・要点まとめ ・民法【物権】試験対策・要点まとめ ・民法【債権】試験対策・要点まとめ. 残業時間、休日・深夜労働を含む時間外労働の時間数• 本社で一括して作成する場合は、事業場ごとにまとめておき、各事業場に配布しておくと良いでしょう。

12
台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

タグ: 人事労務管理を行う上での基本であり、法定3帳簿の1つである賃金台帳について、記載事項や保存期間など法律的な根拠を踏まえて、詳細に解説します。

18
台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

以上の項目を網羅していれば、どのような様式で作成・保存しても問題ありません。 まとめ 今回は賃金台帳について、書き方や保存期間、給与明細との違いなど詳しく解説してきました。

2
台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

ちなみに法定3帳簿とは、労働者名簿、出勤簿、賃金台帳の3つを指しています。 労働基準監督署による監督指導でも必ずチェックされる重要事項になりますので、この機会にぜひきちんと整備しておいてください。

11
台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

手当についても項目ごとに分けて、手当名とその額を記入します。

台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

まとめ. 」とあり、労働基準法施行規則第56条第2号で「起算日は、賃金台帳については、最後の記入をした日」とありますので、賃金台帳は最後に起算した日から3年間の保存義務が事業主に課せられています。

16
台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

管理監督者の賃金台帳 部門長など管理監督者の賃金台帳については、時間外労働や休日労働の時間数は記載不要です。 通常、従業員の方が受け取る給与明細書には、基本給や手当の支給項目、保険料や税金の控除項目、出勤日数や労働時間の勤怠項目が記載してあることが一般的だと思います。

20
台帳 記載 事項 賃金 台帳 記載 事項 賃金

賃金台帳の書き方 では実際に賃金台帳はどのように調製していけば良いのでしょうか。 また、会社によっては 賃金台帳を源泉徴収簿と兼用している場合があります。

15