スベクヒャン 71 話。 韓国ドラマ【帝王の娘スベクヒャン】のあらすじ79話~81話と感想

71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

キムンの玉は名品ですが地形が許さず多方面に売れません。 ですが、百済の太子はただ1人だけです」 つまり、王様はあくまでもミョンノンを太子にするつもりだということ。 王様はなぜ黙っていたのかと言う。

6
71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

その頃、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのではと考えていた。

71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

ところが、ペク・カの家来クチョンに助けられたチェファは生きていた。 ミョンノンとソルランは気持ちは通じた物の、 ミョンノンは王室の物でソルランは仕えている立場。

1
71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

------------- ソルラン・・・太子様に合意書を渡しました。

2
71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

体中傷だらけで瀕死の重傷を負いながらも、なんとか生き延びた父を、 あんたが死なせたのだと絶叫するソルラン。 王宮に残れば、ソルランのためにミョンノンは王座を放棄するだろう。 そして、父の話をする。

15
71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

第25代東城王の時代。 スニムン・・・キムンが百済に併合されれば百済は高句麗と戦をするでしょう。 百済 ペクチェ 中興と海洋帝国の建設という大業を成し遂げた第25代王・武寧 ムリョン 王の隠し子・スベクヒャン。

71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

自分が大好きな父を殺してしまったなんて。 一方、ミョンノンとソルランの仲を知る武寧 ムリョン 王は、ソルランをキムンへ密偵として送り込もうという提案に反対する。

18
71 話 スベクヒャン 71 話 スベクヒャン

>>> さあ、次回がついに最終回です。

9