お話 を 伺う。 伺う・窺う・覗うの違い・意味と使い方 様子を「うかがう」はどれを使う?

を 伺う お話 を 伺う お話

間違いに気づいた人は今日から正すよう気をつけてください。

14
を 伺う お話 を 伺う お話

十分な敬意を込めた表現として使うことができます。 の人のようすをうかがいみるから、その動作の相手を敬うとなる》 1 「」の謙譲語。

10
を 伺う お話 を 伺う お話

「伺います」という表現でも、謙譲の意味を持ちますが、語気を強く受け取られることがあります。

1
を 伺う お話 を 伺う お話

例:窓をそっと開けて、家の中の様子を窺った。 一方で、「来週京都に伺います」とすると、京都にいる誰かに会いに行くという意味になるのです。 「伺う」の意味 「伺う」とは 伺うとは、 聞く、質問する、訪ねるなどを意味する謙譲語を意味しています。

を 伺う お話 を 伺う お話

そのため、「部長が訪問される」という意味で、「部長が伺いました」とは言いません。 訪問販売の方が「我が社の製品のご紹介に伺いました」と言っているイメージですね。

15
を 伺う お話 を 伺う お話

人に対してのみ使う 伺いましたや聞きましたの正しい使い方や敬語のポイント、6つ目は、人に対してのみ使うということです。 よく耳にする表現です。

を 伺う お話 を 伺う お話

「お」や「ご」は丁寧さを表す接頭辞なので、謙譲語にもなります。

8
を 伺う お話 を 伺う お話

山田さんに聞きました、よりも格段に丁寧さが増していますよね。

13
を 伺う お話 を 伺う お話

「聞いている」は「伺っています」とする 「お話は伺っております」とすると「話は聞いている」という意味になります。 社外の人に「弊社社長より話を伺っております」と言うと、自社の人間を立てた言い方になってしまいます。 そのようなときに「意見はありますか?」、「感想をください」と伝えるよりもこのような丁寧な言葉でお願いされたほうが気持ちよくアドバイスをできそうですよね。