蒸気 タービン 構造。 タービン

構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

発電所には、水力や火力、風力、原子力などがありますが、これらは皆タービンを動かす燃料や媒体の違いで名付けられています。 【ギヤード・タービン】 そこで 1910年代に,回転数を落とすための歯車装置が開発され,これを備えたタービンをギヤード・タービンと言います。

11
構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

このシリーズは多段式と呼ばれるもので、軸に取り付けられている羽根車の数が2個以上のものです。

5
構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

3 抽気タービン 膨張途中の大気圧以上のところで蒸気の一部を抜き、これを加熱用などに使い、タービンの全段を通った残りを復水器に導くもの。

構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

しかしこの後進用タービンは,前進中は無用に反対方向に回っていることになり,空気摩擦によるロスを生じます。

18
構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

大出力のものは効率向上のため、一部の蒸気を多段タービンの途中で抽気し、ボイラーに送る水を加熱する再生タービンと、蒸気を途中で再度加熱する再熱タービンが広く用いられている。 アメリカ -• こののち高速の船には蒸気タービンが使用されるようになり、1基で2万馬力以上のタービンを4基積む客船も現れた。

3
構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

が実用化されて初めて,タービンもスクリューも,最適回転数で効率良く運転できるようになりました。 したがって振動と遠心力が問題であったが、ド・ラバルは軸を細くして、低速で振動しても高速回転では振動がないようにくふうし、さらに羽根車の断面は軸のところでもっとも厚く、先端に向かって薄くつくった。

6
構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

この風は、蒸気以外の気体(分圧)を差し引けば、 蒸気タービンの流れに類似していますが、蒸気タービンの流れでは圧力や温度のレベルが非常に異なり、風の速度が速く超音速の霧の風が吹いている場合もあります。

構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

大和は153,553馬力で最高速力二十七ノットでした。

13
構造 蒸気 タービン 構造 蒸気 タービン

前述した通り、細かなエンジン回転数の調整が困難な事・低負荷の状態では燃費効率が悪化する・騒音が大きいなどが理由として挙げられる。

9