ちび ゴリラ の ちびちび。 楽天ブックス: ちびゴリラのちびちび

ゴリラ ちびちび ちび の ゴリラ ちびちび ちび の

大好きなお父さんお母さんがこの本を読んでくれることによって、子どもはさらに満ち足りた幸せを感じることができるかも知れません。 息子はとても喜んで読んでいました。 たとえどんなに辛くても、そこに根っこがあるから。

3
ゴリラ ちびちび ちび の ゴリラ ちびちび ちび の

文句のつけどころがない絵本です。 ちびちびが うまれたそのひから みんなは このちびゴリラが だいすきでした。

5
ゴリラ ちびちび ちび の ゴリラ ちびちび ちび の

膝に乗せてギューと息子を抱きしめながら読んでいます。

2
ゴリラ ちびちび ちび の ゴリラ ちびちび ちび の

実は私も最初そうでした。 特にゴリラたちの黒くてフワフワした表現がかわいらしく、質感がよくわかります。 読んでいると、心が気持ちよくなり、大好きって言葉はいいなぁ~。

17
ゴリラ ちびちび ちび の ゴリラ ちびちび ちび の

紹介されていた本に、 「この本はラストまで読んで、『どうしてこうなるのか』が理解できる人とできない人がいる」(うろおぼえですが、趣旨としてこういうこと)とあったのですが、なんとなくわかる気がします。 赤ちゃんだったころ、大きな大きなへびやキリン、ぞうやライオンにたくさん遊んでもらったちびちびも、あっという間に遊んでくれたみんなよりも体が大きくなりました。 今、小さなお子さんたちの育児に奮闘している方々に、大きくなっても愛しい存在である子どもたちの姿を楽しみにしながら、この『ちびゴリラのちびちび』を味わっていただけたらなあと思います。

ゴリラ ちびちび ちび の ゴリラ ちびちび ちび の

2歳代は、その衝突がより激しくなることもあります。 「今が一番可愛い時ね〜」と言われる頃、ムスメちゃんの癇癪はとてつもなく、到底可愛いとは思えませんでした。

12