封 神 演義 ハンバーグ。 封神演義 (漫画)

演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

太公望との初対面の時点では10代の男子だが、少々老け顔。 長髪の道士。 一人称は「私」。

19
演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

名前の読みは安能版に則っている。

12
演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

全部で7つ存在するとされていたが、これは仙人界で確認されている数であり、上述の神農の持つ「禁光銼」などもこの7つの同類である。 所有する劈地珠は大地の力を借り、それを操る能力を持ち、岩の楯を作って攻撃を防いだり、疲弊した高友乾の体力を回復するなど味方のサポートを主な役目としている。 宝貝は使えないが、持つことはできる。

12
演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

巨大な宝貝で崑崙山からは独立し、宙に浮かんでいる。 後日談に当たるゲーム版『仙界伝弐』では、上述の地球との融合を試みた後、地球の大地からはじき出された(妲己いわく「地球にふられた」との事)為に地球の大気と融合するという不完全な結果を迎えており、その過程で女媧や太上老君、そして太公望も見てきた、「何度も愚かな行動を繰り返し、地球を汚し自滅していく人類の愚かさ」を見たことで人類に愛想を尽かし、「歴史の編纂者」を名乗って、異常を起こし機能停止した封神台から這い出てきた妖怪たちも抱き込んで地球から人類の根絶を図るが、それを善しとしない天祥らや崑崙の仙道一同によって阻止・撃破され、魂魄の光に変えられたところで、あらゆる光彩を取り込む石「残光石」に喜媚・貴人ともども封印された。

演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

また、特筆すべき特徴として、漫画版は、女媧や(なぜか姜子牙とは一切よばれない)太公望の正体が、全くオリジナル設定になっており、SF色がより強められている。 姜妃(きょうひ) 声 - 殷郊・殷洪の母親。 ピンチに追い込まれていても思わぬ奇策で逆転するということをやってのけるのが常道。

10
演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

「伯邑考」とつぶやいて涙を流すのです。 そして紆余曲折ありながらも順調に進む封神計画の中、新たな事実が次々と判明していく。

2
演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

理想はあくまで悪しき仙道が対象になることだが、技術限界として敵味方問わず能力の高い者を対象とするため、味方も死亡すると封神された(封神計画書には、人間の名も載っている)。 一人称は「俺」。

19
演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

一人称は「わらわ」。

6
演義 ハンバーグ 神 封 演義 ハンバーグ 神 封

太公望達を迎え撃つが、普賢真人の大極符印によって全ての攻撃を無効化され和解を持ちかけられるが、これに応じず、なおも攻撃を仕掛けたために太極符印のに巻き込まれ封神される。 妲己との最初の戦闘で妲己が四不象を「スープーちゃん」と呼ぶシーンがカットされているが、妲己に変化した楊戩が「スープーシャンちゃん」と呼んだことで偽物であると太公望は見抜いた。