真田 幸村 の 末裔。 真田幸村の意外なエピソード5選

の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

【 1584年】(18歳) 真田家、上杉家に帰属。

16
の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

この事は 「由緒ある蓮華定院の記録」或いは 「真田本家の正史」及び「片倉代々記」等の 歴史書の記録が間違っていると誤認させる事に繋がります。 しかし、片倉重綱は幸村勢が少ないと見て踏みとどまり、自ら刃を振るって真田の兵4人を切り伏せたという。

15
の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

大八は片倉守信と名乗り、その子片倉 辰信 ときのぶの代に、真田の姓に戻ることが許されます。 幸村の死後「真田は日本一の兵」と称賛しています。

13
の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

西尾は幸村の首を持ち帰り「真田幸村と名乗ったので槍を合わせて討ち取った」と家康に報告しました。 信繁 幸村 は関東管領となった織田四天王の一人「滝川一益」のもとへ、人質として厩橋城 前橋城 へ。

の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

当時の書物 には「守信の父は 政信」と記されていて、 幸村 信繁 と なっていません。 描かれた年代が大分昔なので、作画が昔風なのは好みが分かれるところでしょう。 徳川宗家18代目当主の徳川恒孝氏との対談に始まり、真田家の家紋や子孫に伝わる系譜、真田幸村に関係する家族関係など、通説と子孫の見立てという独自の切り口で語られた本でした。

19
の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

ちなみに、真田姓を名乗っていない信繁(幸村)の女系子孫もいると思いますが・・・意外と本人も子孫って知らないのでは? 信繁の子供は以下のとおりです。 信繁 幸村 、最も守りの弱い部分(大坂城・南)を徳川方に悟られないため、大坂城の南に「真田丸」と呼ばれる出城・曲輪(砦)を築く。 その他の2名の養子については特に記述がないので、完全なる直系の血筋の子孫という訳ではないかもしれませんね。

13
の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

笑 引用元: 直系子孫が明かす! 保護されていません、デタラメです。 江戸時代中期の文人・は、自身の著した随筆集『翁草』のなかで、「史上、単独一位は真田、第二の功は毛利」と記し、さらに「惜しいかな、後世、真田を言いて、毛利を言わず」と、毛利勝永の活躍を記している。

4
の 真田 末裔 幸村 の 真田 末裔 幸村

「織田信長」が「明智光秀」に攻め滅ぼされる。 幸村の兄である真田信之は10万石の大名の地位を与えられる。