大沼 デパート。 大沼、実業家に不動産売却 本店と旧米沢店|山形新聞

デパート 大沼 デパート 大沼

(昭和25年)7月 - 株式会社大沼百貨店を設立し、大沼百貨店(山形本店)を開店。 大沼は資金支援を受けた後、MTMに経営権を譲る予定と報じられる。 1月に経営破綻して閉店し、は日本でがない最初の県となった。

10
デパート 大沼 デパート 大沼

3階にギャラリー開設。 現在大沼のホームページはネットショッピングの注文ができないことが告知してあるのみで、破産や閉店についての記載はされていません。 今回、大沼投資組合の経営権取得は、MTMが大沼株を担保に入れていたファイナンス会社が債権譲渡したことで行なわれたが、同組合はNN株式会社という社名で、昨年9月、大沼内に設立されていた。

デパート 大沼 デパート 大沼

2020年11月1日• 2020年10月31日• 2020年10月21日• 2020年10月17日• (昭和51年)- 鶴岡店(サンプラザオーヌマ)開店。 山形県内で唯一生き残った大沼への地元の期待は大きかった。

デパート 大沼 デパート 大沼

建物は地上6階建で、売場面積は6,769㎡。 売り上げの一部は山形市などに寄付する。 customScale , [data-css-81d521] h6:not. (昭和61年) - 酒田店がダイエー酒田店となり、完全に撤退。

7
デパート 大沼 デパート 大沼

市内の会社役員は 「大沼は長く再生できずにいた。

4
デパート 大沼 デパート 大沼

『酒田市議会議事録 昭和54年6月定例会 第3回 -06月20日-03号』酒田市議会、1979年6月20日。