精力 善 用 自 他 共栄。 永樂和全

自 用 共栄 善 精力 他 自 用 共栄 善 精力 他

しかし大人になって、学び直したことで、『柔道は世界に誇れる素晴らしい武道である』と、その意味を知ることができました。 さらにこれを約言すれば、精力の善用ということもできる。 「腰絞」• その時に坂東館長から柔道に対する深い思いを聞き感銘を受けたことを覚えています。

2
自 用 共栄 善 精力 他 自 用 共栄 善 精力 他

7、凡立言欲涵蓄意思,不使知德者厌,无德者惑。

12
自 用 共栄 善 精力 他 自 用 共栄 善 精力 他

結果的に、競技力向上のための「強化」が柔道実践の中心となっていき、「体育」として嘉納が重視した大衆性や生涯に亘る継続性の側面は見失われていった。 (15年)一条橋橋詰町から洛東鷲尾町に転居し、菊谷焼を始める。

7
自 用 共栄 善 精力 他 自 用 共栄 善 精力 他

しかし、柔道による徳育の効果が、戦前では人間としての「生き方」や「生活」に結びつくものでなければならなかったのに対して、「競技スポーツとしての柔道」では競技という場に限定されてしまうことが問題視されたのであった。

19
自 用 共栄 善 精力 他 自 用 共栄 善 精力 他

後期生徒会が執行部方針案を打ち出し気力があふれていました。 后贤兼旧列,历代各清规。

17
自 用 共栄 善 精力 他 自 用 共栄 善 精力 他

また、嘉納治五郎師範のお名前やお写真もよく目にしましたが、柔道を創られた歴史にも無知でした。 12、自"幼子常视无诳"以上,便是教以使人事。 彼らは<戦争を否定し平和を希求する普遍的思想>であると評価した。

18
自 用 共栄 善 精力 他 自 用 共栄 善 精力 他

『嘉納柔道思想の継承と変容』永木耕介 風間書房• 「講道館柔道の技名称」• 嘉納治五郎「柔道に上中下段の別あることを論ず」『柔道』第7号、1918年7月。 諸子 しょし 〔諸君ら〕は率先して社会にその気運を作るように努力せられよ」*2 *1 嘉納治五郎、精力の最善活用、大勢第1巻第1号、1922 *2 同上、柔術と柔道の区別を明確に認識せよ、柔道第7巻第2号、1936 現代漢字仮名遣いに改めた。 しかし世間には、それが柔道であるということに気づかず、実際は柔道の原理に基づいて社会生活を解釈している人がいくらもある〔沢山いる〕。

5