上宮 聖徳 法王 帝 説。 『上宮聖徳法王帝説』の不可解な記述 (2018年9月17日)

法王 帝 聖徳 説 上宮 法王 帝 聖徳 説 上宮

祭神は入鹿とスサノオ 曽我都比古神社 皇極三年(644)十一月、飛鳥の地に一つの動きがありました。 中でも15世紀に李氏朝鮮でつくられた「海東諸国記」という書物には「日本の年号は517年の『継体』に始まる」とある。

16
法王 帝 聖徳 説 上宮 法王 帝 聖徳 説 上宮

日本書紀では施入面積は百町としている。

19
法王 帝 聖徳 説 上宮 法王 帝 聖徳 説 上宮

「書紀」によれば、 「太子」そのものが悲劇の主人公であったのではなく、 斑鳩寺で亡くなったのは山背大兄王一族であり、 その王の子供が殺害されたのも斑鳩寺の中、 しかも 殺害したのは仏に仕える大狛という名の法師だった のですから、法隆寺が祀らねばならないのは、飽く迄も、無念の最期を遂げた、それも仏の、或いは父である「聖徳太子」の教えに従って吾身を捨てた山背王(一族)その人であるべきです。 古典保存会の複製本、『群書類従』本、『大日本仏教全書』本、『聖徳太子全集』本がある。

12
法王 帝 聖徳 説 上宮 法王 帝 聖徳 説 上宮

紙背の年紀より承暦二年(一〇七八)以前の書写にかかる現存する最古のの伝記。 しかも太子とその母 穴穂部間人皇女 、夫人がほぼ同時 に亡くなったことに異常にこだわっているようで、 「若し疑はくは」. 史料に見える山背大兄王 [ ] 上宮聖徳法王帝説 [ ] 『』 では、厩戸豊聰耳聖徳法王、聖王の児、山代大兄王(此王有賢尊之心棄身命而愛人民也、後人与父聖王相濫非也)とされ、母は、蘇我馬古叔尼大臣娘の、妻は舂米女王、子は難波麻呂古王、麻呂古王、弓削王、佐々女王、三嶋女王、甲可王、尾治王が生まれたとされる。 深草屯倉に移向きて、ここより馬に乗りて、 東国にいたりて、 乳部をもって本として、 師(いくさ)を興して還りて戦わん。

4
法王 帝 聖徳 説 上宮 法王 帝 聖徳 説 上宮

話しが前後しますが蘇我親子が自分達の墓を作り終えた翌年、つまり上宮大娘姫王の糾弾があったとされる皇極元年の次の年、十一月十一日、悲劇が起こります。

15
法王 帝 聖徳 説 上宮 法王 帝 聖徳 説 上宮

翌日に法皇 聖徳太子 登退しぬ」 膳夫人が亡くなった 翌日に聖徳太子が亡くなったという意味 という記事を引用したうえで、次のような解説を入れている。 白髪部王• ・両天皇のあとの宣化天皇4年()に即位したとする『日本書紀』とは整合しない。 管理人は、その「説」の当否を判断する材料を持ち合わせていないので、あやふやな推論は避けますが、暦に興味のある方なら、すぐ気づくように、 574年と622年は、いずれも「午(うま)」年 にあたります。

2