梶田 隆章。 梶田隆章先生2015年ノーベル物理学賞受賞

隆章 梶田 隆章 梶田

地球の大気で生まれた大気ニュートリノを観測、移動中に粒の種類が変わる現象「ニュートリノ振動」を観測してニュートリノに質量があることを発見。

隆章 梶田 隆章 梶田

当時はひょろひょろで背が低く、体力勝負じゃダメだろうと思って始めた部活ですが、練習ではまず弓の練習をして、その日の最後に基礎トレーニングを1時間くらいやっていました。 今後も梶田さんのさらなる研究の成果に 我々だけでなく、世界中の人々が 注目することになるでしょう。

7
隆章 梶田 隆章 梶田

「ニュートリノ研究というのは、一人でできるようなものではなく、スーパーカミオカンデですと100人を超えるチームが一つの目標に向かって共同で研究をして、成果を出していくというようなプロジェクト。

9
隆章 梶田 隆章 梶田

「趣味」をなんだと思っているんだ。

隆章 梶田 隆章 梶田

向き合って話をしていても、梶田さんは朴訥な高校生のままという印象だ。

20
隆章 梶田 隆章 梶田

ニュートリノを観測するために、 岐阜県飛騨市神岡町に スーパーカミオカンデを建築し、 日々ニュートリノの観測が 続けられています。 井上氏はまた、記者団に「国会でも議論があり、国民からもいろんな声がある。 もし質量があれば「振動」という現象が起こるはずだと理論的に予想されてもいた。