ウィルソン ピケット。 ウィルソン・ピケットだけではない「Land Of 1,000 Dances / ダンス天国」の変遷

ピケット ウィルソン ピケット ウィルソン

ミズ・レナズ・ボーイ (1973年)• 男性サザン・ソウル・シンガーの代表的存在だった。 ザ・ミッドナイト・ムーバー (1968年)• ドリフとゲストが少年少女合唱隊の衣装に身を包み繰り広げられるコントですが、その中の早口言葉のコーナーで「生麦生米生卵」などの言葉を言う時にバックに流れる曲は、ソウルシンガー、ウィルソン・ピケットの「ドント・ノック・マイ・ラブ」という曲です。

10
ピケット ウィルソン ピケット ウィルソン

しかしこの曲は、それだけにとどまらない波瀾万丈の歴史を歩んできた。 アフリカ系アメリカ人の中から生まれてきたサザン・ソウルと、アイリッシュ系イギリス人が作った「ヘイ・ジュード」が、ゴスペルを介して出会うことによって誕生したサザンロックは、デュアンが率いるオールマン・ブラザーズ・バンドやレーナード・スキナードなどによって、ロックシーンに大きな流れを生み出すことになる。 867 ;border-radius:5px;font-size:. まさか後々まで日本で音楽を聴かれることになるとは思わなかったでしょうね。

9
ピケット ウィルソン ピケット ウィルソン

デュアンはスタジオでのセッションの合間に、ピケットに意外な提案を行なったらしい。

ピケット ウィルソン ピケット ウィルソン

ジョイン・ミー・アンド・レッツ・ビー・フリー (1975年)• たとえばドリフの『8時だョ! よく見ているニュース番組のジングルやバラエティ番組で使われているちょっとした音楽で、昔から聞き覚えがあり誰もが知っているものは多いですよね。 ケナーのヴァージョンは曲に合った南部風の仕上がりになっており、偉大なるアラン・トゥーサンのアレンジとピアノ演奏もそれを引き立てていた。

9
ピケット ウィルソン ピケット ウィルソン

なおファルコンズには、エディー・フロイド、ジョー・スタッブス、マック・ライスらが在籍したこともある。

ピケット ウィルソン ピケット ウィルソン

毎週欠かさず見ていましたが、その中でも後半によく登場したのが名物コーナーの「少年少女合唱隊」です。 スポンサーリンク この音源を初めて聴いたのは90年代初頭にアルバイトしていたレコファンでのこと。