医療 過誤 相談。 医療過誤・医療事故を疑ったときは

相談 医療 過誤 相談 医療 過誤

また、弁護士だけでなく、分野によっては 「顧問医師」と協力しつつ事件にあたるので、手厚いサポートが可能です。 そこのクリニックへは今回の治療ミスも合わせ3回、ニキビ跡治療のために通ってました。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。

11
相談 医療 過誤 相談 医療 過誤

詳細は個々によって異なるので触れませんが、恐らくは上記の方法を裁判所等で行い、最終決定は裁判官がするものと考えます。 本格調査においては、医師・医学博士である弁護士がカルテ精査、医学文献検索を行い、必要に応じて内容証明等による医療機関との交渉や、自らのネットワークで培った協力医との相談を行い、その結果を報告書にまとめてご依頼者様に提示します。 変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。

相談 医療 過誤 相談 医療 過誤

「大丈夫、絶対勝て勝てますよ」と調子の言い事を言うタイプです。 病院や施設の医療従事者が患者さまに対して行った医療行為の内容を患者さまとご家族は知ることができます。 5時間位でそれ程難しい手術では無く入院も2~3日程度ですとの説明でした、ところが当日は3時間以上の手術時間でした、説明とは違ったので心配しましたが、その日は手術が終わりホットしていました、翌日いきなり連絡があり、今から2度目の手術を行うとの連絡です、訳も解らずその日は過ぎあとで理由を聞こうと思っていました、ところが翌日も突然の連絡で3度目の手術を行うとの事です、最初の説明とは違い、納得が行かず手術が終わった後、執刀医に問いただしました所、専門用語で話してきたので、一般人がわかるように説明を求めると、上手く端子が設定できなかった様で2回目までは新米医師の執刀、3回目は部長先生が執刀した様です、同じ所を3回切開して縫い直した様です、医師ははっきりと失敗しました、と発言、話の内容は録音してあります、10日程入院の後 退院その後手術の請求書が来たので 部長先生に電話で聞きました、医者は失敗しても何の謝罪も無く、何のペナルティーも無いのですか? すると「いきなり、これ以上問い質すなら、弁護士を経て話してください、失敗はしたが、フォローしているので何の問題も無い、失敗に対して何の責任も取らない」と切り捨てる様でタカビシャな回答でした、その言葉に、どうしても納得が行かず医療費は払ってません、請求詳細は手術1回分と入院期間のもろもろ請求です、母にはペースメーカーが入っているのでどうしても病院で受診しなければなりません、本来ならもっと短期間の入院期間のはずです、病院側は医療費の支払いを求めてきます、色々ネットで調べましたが医療ミスの民事訴訟の勝率は非常に低く、時間とお金が必要なため、一般的には泣き寝入りが多いようです、それを知っていて医者は吐き捨てる様言葉を言ったのだと思うと非常に腹が立って、気持ちがおさまりません、3回も同じ手術をして失敗した事に対して損害賠償を請求出来ないでしょうか? 2週間後に受診します、個人なので専門知識も時間もお金もありません、病院側は組織で対応しますので、力の差は目に見えています、公正な機関「報道機関等」を中に入れ病院側と話が出来たら良いのですが、この様な医療ミスで泣き寝入りしている方は表に出ないが数多く居るはずです、良策をお願いします。

20
相談 医療 過誤 相談 医療 過誤

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。

2
相談 医療 過誤 相談 医療 過誤

「医療ミスの民事訴訟の勝率は非常に低く」という点に関し、補足しておくと、トラブル発生直後から、病院は訴訟の勝敗に関して予想しています。 」「だいたい故意・重過失って意味わかっていってるのか!?」となぜか怒鳴られる。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

13
相談 医療 過誤 相談 医療 過誤

以前から上から目線で患者の伝えようとしたことについては、一切耳を傾けず何か言うと「俺の診断に文句あるのか!!!!薬飲んで予約の日にまたこい」と言わんばかりの態度をとり、顔にものすごく出ます。 一番危ないのは味方側の弁護士。

2