特別 養護 老人 ホーム の 設備 及び 運営 に関する 基準。 特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例

ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

6 第一項第六号の機能訓練指導員は、当該特別養護老人ホームの他の職務に従事することができる。 ロ 地階に設けてはならないこと。

10
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

静養室 介護職員室か看護職員室に近接して設ける必要があります。 以下 において同じ。 以下同じ。

1
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

)は、三階以上の階に設けてはならない。 まとめ いかがでしたか。

4
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

ト 入所者の身の回り品を保管することができる設備を備えること。 施設は、事故の発生又はそちらの再発を防止するため、事故発生時等の対応にかかる指針を定め、事故が発生した場合の対応方法や再発防止策などを従業者に周知する体制を整備しなければなりません。 一 スプリンクラー設備の設置、天井等の内装材等への難燃性の材料の使用、調理室等火災が発生するおそれがある箇所における防火区画の設置等により、初期消火及び延焼の抑制に配慮した構造であること。

9
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

ただし、特別養護老人ホーム ユニット型特別養護老人ホーム 第三十二条に規定するユニット型特別養護老人ホームをいう。

14
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

)の規定による基準 三 法第十七条第一項の規定により、同条第二項第三号に掲げる事項について都道府県が条例を定めるに当たって従うべき基準 第十五条第四項及び第五項、第十六条第八項、第二十二条(第四十二条において準用する場合を含む。 以下同じ。

12
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

をし、特別養護老人ホームを開設しようとする場合において、当該転換に係る食堂及び機能訓練室については、の規定にかかわらず、食堂は、1平方メートルに入所定員を乗じて得た面積以上を有し、機能訓練室は、40平方メートル以上の面積を有しなければならない。 一 居室、静養室等のある三階以上の各階に通ずる特別避難階段を二以上(防災上有効な傾斜路を有する場合又は車いす若しくはストレッチャーで通行するために必要な幅を有するバルコニー及び屋外に設ける避難階段を有する場合は、一以上)有すること。 監査 「監査」は、国保連合会に行う介護保険請求業務の中で、あまりにも返戻などの問題が多い施設や、退職した職員から不正な介護保険請求を行っている情報が寄せられているような施設に入りますので、本当に特別な処置です。

18
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

(1) 入所者の数が三十を超えない特別養護老人ホームにあっては、常勤換算方法で、一以上 (2) 入所者の数が三十を超えて五十を超えない特別養護老人ホームにあっては、常勤換算方法で、二以上 (3) 入所者の数が五十を超えて百三十を超えない特別養護老人ホームにあっては、常勤換算方法で、三以上 (4) 入所者の数が百三十を超える特別養護老人ホームにあっては、常勤換算方法で、三に、入所者の数が百三十を超えて五十又はその端数を増すごとに一を加えて得た数以上 五 栄養士 一以上 六 機能訓練指導員 一以上 七 調理員、事務員その他の職員 当該特別養護老人ホームの実情に応じた適当数 2 前項の入所者の数は、前年度の平均値とする。

5
ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別 ホーム 運営 基準 に関する 設備 及び 養護 老人 の 特別

廊下の幅 最低でも1. )が、火災予防、消火活動等に関し専門的知識を有する者の意見を聴いて、次の各号のいずれかの要件を満たす木造かつ平屋建ての特別養護老人ホームの建物であって、火災に係る入所者の安全性が確保されていると認めたときは、耐火建築物又は準耐火建築物とすることを要しない。 この場合において、中「第16条第3項」とあるのは「第37条第5項」と、中「第16条第5項」とあるのは「第37条第7項」と、中「第30条第2項」とあるのは「第43条において準用する第30条第2項」と、中「第32条第3項」とあるのは「第43条において準用する第32条第3項」と、中「第8条から第10条まで及び第13条から第32条まで」とあるのは「第35条及び第37条から第42条まで並びに第43条において準用する第9条、第10条、第13条から第15条まで、第19条、第21条から第24条まで及び第27条から第32条まで」と読み替えるものとする。

8