含蓄 に 富む。 【含蓄のある】の例文集・使い方辞典

富む 含蓄 に 富む 含蓄 に

彼女は含蓄のある返答が得意だ。

7
富む 含蓄 に 富む 含蓄 に

併し日本の作家で、そういう教養の含蓄のある言葉や範疇を持っている者が何人いるだろうか。 含蓄の深い微笑みといえばモナリザの微笑みである。 … 難波利三『小説吉本興業』 より引用• その他にも、物を積み蓄えておくことの意味も持っています。

2
富む 含蓄 に 富む 含蓄 に

熟語と考えるのがよいのではないでしょうか。 父はわたしに気がついていないようだったし、ジナイーダとはあまり口をきかなかった。 「深意」の意味と「含蓄」の違い 「深意」は「うちに秘められた深い意味」という意味です。

富む 含蓄 に 富む 含蓄 に

… 宮本百合子『獄中への手紙』 より引用• 故に俳句等の日本詩は、到底外国語で模倣ができず、またこれを翻訳することも不可能である。 【例文】• 「奥深い意味」の意味と「含蓄」との違い 「奥深い」は「意味が深い、深遠な意味がある」という意味です。 仄めかすの 「仄」の漢字を用いた熟語には 「仄聞 そくぶん 」があります。

10
富む 含蓄 に 富む 含蓄 に

蘊蓄は薀蓄とも書く 蘊蓄は薀蓄とも書きます。 まとめ 「含蓄(がんちく)」とは「うちに奥深い意味や豊かな内容がこめられていること」という意味の言葉です。 今年はそういう意味で作品も評論も勉強したいと思います。

1
富む 含蓄 に 富む 含蓄 に

つまり、直接的に表現されていないところに深い意味を読み取る状況ということになります。

12
富む 含蓄 に 富む 含蓄 に

しかしあえてそれをせずに、使う色や描き方だけで、単なる後ろ姿という情報以上に「人間の苦悩」を見た人へ感じさせる工夫をして描きます。

16