Question: 等電位ボンディングが必要ですか?

衝撃リスクの増加の場所には補足または追加の等電位接合(接地)が必要です。国内敷地では、この衝撃リスクが増加したと特定された場所は、風呂やシャワー(バスルーム)とスイミングプールを取り巻く地域にある部屋です。

等電位接合の主な目的は何ですか?

保護等電位接合は露出している導電性部品から無関係な部分への低インピーダンス経路を適用する方法は、設備全体を通して等しい可能性を確保するために、故障の場合にそのような部分間で発生する可能性のある電位差を防止する方法。

法的要件を結合する?

2008年現在、地球ボンディングはシャワーやバスを含む室内の電気設備の法的要件です。 「アースボンディング」という用語は、ガスメーターまたは消費者ユニットをあなたのガスパイプのような入金供給に接続するための厚い緑と黄色の銅ケーブルの使用を指します。

は電気的結合が必要ですか?

保護ボンディングはただし、すべての電気設備の必須の要件があることが多いですが、電気的な仕事を試みている未承認のある人によって見落とされます。

接地と接合の違いは何ですか?

結合は、エンクロージャーのような非電流伝導導電素子の接続です。構造接地は、接合されたシステムの地球への取り付けです。どちらも電気の危険物から人々と財産を保護するために必要です。

ボンディングの目的は何ですか?

ボンディングは、どこかに断面があるときに2つの別々の金属部品に触れる可能性がある人への感電の危険性を低減するために使用されます。電気設備の供給で。特定の部品間に接合導体を接続することによって、それはそこにある可能性がある可能性がある電圧を低下させる。

ボイラーはボンディングが必要ですか?

ボイラーを接着する必要はありません。地上です。台所では補足的な接着は必要ありません。しかし、これは複合部とのお気に入りです。

電気的結合は、どのようにして行われていますか?

等電位接合は、それがどこにでも同じ電圧になるように金属ワークを電気的に接続することを含む。 ...多電位ボンディングは、配電配線が建物に入ってくる水やガスサービスに入る場所から行われます。

補助的および等電位接合の違いは何ですか?

保護の等電位接合は補助結合とは異なります。付加的な接合は、部品間の電位差を減らすために、2つの導電性にアクセス可能な部品を一緒に接続することです。

接地と接合の差は何ですか?

接合は、非電流伝導素子の接続です。エンクロージャと構造接地は、接合されたシステムの地球への取り付けです。どちらも電気的危険から人々と財産を保護するのに必要です。

のボイラーは固定されている必要がありますか?

ボイラーは予備配線され、ケーブルを設け、電力供給に接続するための3A溶融プラグを備えています。 ...ケーブルが損傷した場合は、ユニットをオフにして、専門的に資格のある担当者だけによってのみ変更されています。

どのようにして地球ボンディングケーブルを水パイプに接続しますか?

0:451:51アースストラップを取り付けるガスと水へ - YouTubeyoutube

Write us

Find us at the office

Hussey- Baluyut street no. 97, 56158 Guatemala City, Guatemala

Give us a ring

Timoteo Maizel
+80 733 502 498
Mon - Fri, 7:00-19:00

Write us