ご 足労 おかけ し て 申し訳 ありません。 「ご足労」の意味は?「ご足労おかけし〜」「ご足労いただき〜」の違いと正しい使い方

し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

「ご足労」と同様に、会社まで足を運んでいただいた場合には、「ご来社ありがとうございます」とお礼を述べるようにしましょう。 あらかじめ状況に応じてパターン化した表現のいくつかをすぐに口にできるようにしておくとよいでしょう。

17
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

「お手数をお掛けする」という言葉自体は、相手に手間を取らせることや、面倒をかけることを意味します。

14
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

「ご足労おかけしますが」「ご足労いただき」を使う際の注意点 幅広い使い方ができる「ご足労おかけしますが」と「ご足労いただき」ですが、使用する際にはいくつか注意点があります。

17
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

例えば仕事の打ち合わせのために、来週取引先の会社の人が自分の会社へ来ることになった場合、予め電話やメールでその旨を話すことがあると思います。 「ご足労」という言葉が、わざわざ相手にこちらへ来ていただいたということですので、相手とは日頃はそこまで直接顔を合わせるような機会はないということになります。 ストレートにお願いすると不躾な印象になりがちですが、ワンクッション入ると 相手に負担をかけてしまう心苦しさを伝えられます。

15
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

「お手間を取らせることとなり」という表現は、日本ではお詫びとともに使われることが多いのですが、英語ではこのようにお礼で使わわることが多いのです。 さらに、「ご足労賜りますようお願い申し上げますという言い回しをすると、よりかしこまった表現となり、取引先相手やお客様に出向いてもらうような場面にふさわしいです。

2
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

ご足労を使う際に1つ注意しなければならないのが、 こちらから相手に来てもらいたい時にご足労を用いるのは間違いです。

4
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

「ご足労」という言葉は、相手に対する感謝や気遣いを感じさせる言葉ですが、同時にビジネスのようなお堅い場面でしかあまり使う機会はありません。 この敬語表現はかなり丁寧なものですので、主に仕事上の取引先の人や上司など目上の人に使うのが自然です。 敬語の使い方次第で、相手に与える印象は変わります。

4
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

「迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった時などに使うのが最適なので、まだ何も起こっていない段階で使うのは間違いなのです。 「ご足労おかけしますが」「ご足労いただき」の正しい意味とは? 実際のビジネスシーンでは、 「ご足労おかけしますが」や 「ご足労いただき」といったフレーズをよく使っている人を見かけます。

5
し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労 し ご 申し訳 おかけ ありません て 足労

ご足労いただく事になり大変恐縮です この言葉も、「ご足労おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます」と同様に、まだ相手に自分のところへ来ていただく前の時点で用いる言葉です。