一般 社団 法人 社員。 会員を広く募る一般社団法人は、社員と会員を定款で明確に分けておく

法人 一般 社員 社団 法人 一般 社員 社団

社員の資格や入社については、法人が定款で自由に決めることができるようになっています。 社員が理事を決める 社員が集まって行われる社員総会で選ばれるのが理事です。 一般社団法人の設立時の社員になる 定款を作成し、役員等を選任して一般社団法人を立ち上げようとする(法)人が設立時社員となります。

20
法人 一般 社員 社団 法人 一般 社員 社団

ただし、定款で「この条件を満たした社員は議決権を2つにする」などの区別をすることもできます。

15
法人 一般 社員 社団 法人 一般 社員 社団

そして、設立時社員は、法人を設立するためにいくつかの責任を負う場合があります。

8
法人 一般 社員 社団 法人 一般 社員 社団

4.設立期間が比較的短い(準則主義) 一般社団法人の機関設計のパターンは、以下の5通りです。

14
法人 一般 社員 社団 法人 一般 社員 社団

すべて同じ事業目的にする必要はありませんが、事業目的の一部に関連性があることが必要です。

法人 一般 社員 社団 法人 一般 社員 社団

社員は、監事になることができます。 一般社団法人は、どのような活動でも行えるのが原則なのは前述のとおりです。

法人 一般 社員 社団 法人 一般 社員 社団

定款で定めた事由の発生• 死亡(個人)・ 解散(法人)した• 一般社団法人に 出資した場合、 そのまま社員として扱われるのでしょうか。 詳しくはこちらのページでも解説しておりますので、参考にしてください。 設立時の理事が発起人だと勘違いしそうですが、あくまでも設立時社員が発起人です。

6