フランク ライカールト。 フランク・ライカールト=MF、DF W…: 歴代最強イレブン オランダ 特集:時事ドットコム

ライカールト フランク ライカールト フランク

左サイドバックのシュピーヒャーのところに詰めより、大声で議論を始めた。

9
ライカールト フランク ライカールト フランク

サイモン・クーパー著、田邊雅之訳「グランデ・ミランの神話を巡る オランダトリオ美しき衝撃 フリット、ファンバステン、ライカールト」『』767号、、2011年。

8
ライカールト フランク ライカールト フランク

1 : 個人• スポルティングCP クライフとの確執以来、自宅にも戻らずライカールトの行方は一切判らなくなっていたが、友人の勧めもありのに滞在していた。 1990 FIFAワールドカップ 欧州選手���終了後にミケルス監督が退任し、後任として テイス・リブレフツ ()が監督に就任。 トニー・フリエロス著、サッカー・プラネット監修、山名洋子訳『フランク・ライカールト--狂気を秘めた人格者』、2008年。

15
ライカールト フランク ライカールト フランク

1994 FIFAワールドカップ [ ] EURO92での敗退後に監督に就任したの下でもレギュラーを務め、ではやイングランドを退けて2大会連続でワールドカップ出場を果たした。 にスペインので行われた決勝の戦ではフリットとファンバステンがそれぞれ2得点を挙げ4-0のスコアでステアウアを下し以来となる20年ぶりの2度目のチャンピオンズカップ優勝を成し遂げた ライカールトはファン・バステンの2点目ゴールをアシストした。 決勝トーナメント1回戦の戦ではとトラブルとなり双方とも退場処分を受けた。

7
ライカールト フランク ライカールト フランク

UEFA欧州選手権1988 [ ] から始まったでは監督の下で引き続き代表チームのレギュラーを務め同予選の5試合に出場したが、1987年9月のアヤックスからの退団騒動もあり代表チームからは遠ざかった。 2013年12月21日閲覧。 1997-2000• 晩年はアヤックスに戻り、ファン・ハールのもとで若き頃のダビッツやセードルフと共にチャンピオンズリーグ優勝で引退という選手生活でした。

18
ライカールト フランク ライカールト フランク

その際に再びライカールトと口論になったため、主審は両者に退場を命じた。 退場となりピッチから退く際にライカールトがフェラーを追いかけて唾を吐きかけたが 、この事件が物議を醸しオランダとドイツの国境では暴動が発生する事態となった。

8
ライカールト フランク ライカールト フランク

現役時代のポジションは主に()、(センターバック)。 ではグループリーグを勝ち抜いた後、、、を下して決勝に進出。