テリボン 添付 文書。 お知らせ|旭化成ファーマ医療関係者向け情報

文書 テリボン 添付 文書 テリボン 添付

高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 2. 処置 過量投与時には、本剤の投与を中止し、血圧、脈拍、血清カルシウム値の測定を行い、適切な措置を行うこと。 この24ヶ月制限はフォルテオ皮下注と一緒だよねーこれは。

13
文書 テリボン 添付 文書 テリボン 添付

また、両側性の骨折が生じる可能性があることから、片側非定型骨折が起きた場合には、反対側の大腿骨の症状等を確認し、X線検査を行うなど、慎重に観察すること X線検査時には骨皮質の肥厚等、特徴的な画像所見がみられており、そのような場合には適切な処置を行うこと 〔11. (腎機能障害患者) 腎機能障害患者:定期的に腎機能検査を行うこと。

9
文書 テリボン 添付 文書 テリボン 添付

重大な副作用• 若年者で骨端線が閉じていない• インタビューフォーム• 製品概要• ・安定した抗炎症作用が実感できます。 1. 次に掲げる骨肉腫発生のリスクが高いと考えられる患者〔15. (50歳代病院勤務医、一般内科)• (生殖能を有する者) 妊娠する可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(また、本剤投与期間中は有効な避妊を行うように指導すること)。 なお、重篤な心疾患のある患者は臨床試験では除外されている。

3
文書 テリボン 添付 文書 テリボン 添付

製品概要• 重篤な腎障害のある患者:排泄が遅延するおそれがある。

10
文書 テリボン 添付 文書 テリボン 添付

6). 過敏症:(0. 幼児・小児• ・ 十分量 約180mL の水 又はぬるま湯 とともに服用し、服用後30分は横たわらないこと。 適正使用• 過敏症: 頻度不明 発疹、そう痒、アレルギー性皮膚炎。

文書 テリボン 添付 文書 テリボン 添付

・ 就寝時又は起床前に服用しないこと。 これにより、骨量を増やすだけでなく骨の材質や構造といった「骨質」も改善し、骨折しにくい強い骨を作ることができます。 2).皮膚:(頻度不明)皮膚真菌感染症(皮膚カンジダ症、皮膚白癬等)及び陰部真菌感染症(陰部カンジダ症、陰部白癬等)、皮膚ウイルス感染症、皮膚細菌感染症。