橋本 裕之。 KAKEN — 研究者をさがす

裕之 橋本 裕之 橋本

腰痛、ギックリ腰、五十肩、坐骨神経痛、打撲、ねんざ、肉離れ、関節の痛みや腫れ、 めまい、肩こり、頭痛、神経痛、不眠、ぜんそく、呼吸困難、食欲不振、便秘など諸症状に、リンパマッサージと光線療法により治療いたします。 ですから、ぼくの演習では徹底してディスカッションの訓練をしています。

裕之 橋本 裕之 橋本

専門、社会人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 「面白そう」 と身を乗り出す塾生がいそうだ。 「ぼくの専門を英語でいえば、パフォーマンス・スタディーズ。見る見られる という関係の中での、身体のあり方に非常に興味があります。

14
裕之 橋本 裕之 橋本

2001年2月、文学部日本文化学科の学生16人の企画・制作による三味線・和太鼓ライヴ 「ニホンノヒビキ」 が千葉市内のホールで盛大に開催された。

19
裕之 橋本 裕之 橋本

ラジオコラム(中国新聞論説委員とのトーク番組)• スポーツ中継実況 1985年9月~1997年9月• (2019年、 監督) 劇場アニメ [ ]• 研究者番号 70208461 その他のID• スポーツ中継実況 1985年9月~1997年9月• 2016年1月にアナウンス部に復帰。 音響効果 和田俊也• テレビアニメ [ ] 2006年• だからこそ、鵜鳥信仰が三陸沿岸に広がったと考えられているそうです。

19
裕之 橋本 裕之 橋本

とにかく熱い先生だ。 研究しているテーマは、中世芸能の精神史、民俗芸能・大衆芸能の民俗誌的研究、マーシャル諸島の芸能に関する歴史人類学的研究などになります。

裕之 橋本 裕之 橋本

ガイドさんによると、車は贅沢品として非常に高価で、普通車で1000万円程度。

9
裕之 橋本 裕之 橋本

2006年10月から司会はアナウンサーに交代)• 手口のないところで研究を仕上げるほうが、はるかに大変なことなのです。 2015年に国重要無形民族文化財に指定された鵜鳥神楽は岩手県を代表する民俗芸能で、廻り神楽を続けてきました。 そんな思いから、ある休日 趣味のひとつのウォーキングに出ました。

6
裕之 橋本 裕之 橋本

井戸端ラジオ(日曜7:15~7:45) 過去の出演番組 [ ] テレビ [ ]• ご注文はうさぎですか? 2014年3月のさんすて福山増床オープン時に、RCCから橋本の名義で花が飾られていた。 可視光線治療器コウケントー、リンパマッサージ関連書籍の販売や、「家庭でできるリンパマッサージ」講習会も催しております。

裕之 橋本 裕之 橋本

橋本先生の指導の特徴は徹底したディスカッション。 【目次】 序 災害復興における在来知、もしくは災害文化の継承と創造 第1部 災害の人類学・民俗学 林 勲男 災害にかかわる在来の知と文化 木村周平 人類学における災害研究 川島秀一 津波碑から読む災害観 植田今日子 避難生活下の祭礼とルーティンの創造 第2部 地域の記憶 丹羽朋子「きりこ」をつくり「きりこ」をおくる 関 礼子 原発事故避難と故郷の行方 三田村敏正 東日本大震災が昆虫類に及ぼした影響 猪瀬浩平 障害者運動の在来知と原子力災害の経験 第3部 生活の再建 松前もゆる 地域社会の連帯と多様性から考える「復興」とその先 柄谷友香・近藤民代 「自主住宅移転再建」その動機と功罪 政岡伸洋 被災地との関わりからみえてきたもの 小谷竜介 雄勝の神楽師になること 第4部 価値の創造 日高真吾 文化財等レスキュー事業の意義を考える 加藤幸治 脱・文化財レスキュー 橋本裕之 支援から協働へ 岡本翔馬 「災害文化」を育むまちづくりを目指して あとがき 序 災害復興における在来知、もしくは災害文化の継承と創造 第1部 災害の人類学・民俗学 林 勲男 災害にかかわる在来の知と文化 木村周平 人類学における災害研究 川島秀一 津波碑から読む災害観 植田今日子 避難生活下の祭礼とルーティンの創造 第2部 地域の記憶 丹羽朋子「きりこ」をつくり「きりこ」をおくる 関 礼子 原発事故避難と故郷の行方 三田村敏正 東日本大震災が昆虫類に及ぼした影響 猪瀬浩平 障害者運動の在来知と原子力災害の経験 第3部 生活の再建 松前もゆる 地域社会の連帯と多様性から考える「復興」とその先 柄谷友香・近藤民代 「自主住宅移転再建」その動機と功罪 政岡伸洋 被災地との関わりからみえてきたもの 小谷竜介 雄勝の神楽師になること 第4部 価値の創造 日高真吾 文化財等レスキュー事業の意義を考える 加藤幸治 脱・文化財レスキュー 橋本裕之 支援から協働へ 岡本翔馬 「災害文化」を育むまちづくりを目指して あとがき 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 「防災文化」に特化しがちであった災害にかかわる従来の文化研究の視野を拡張し、「災害文化」に対する新しい視座を提供するー 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1部 災害の人類学・民俗学(災害にかかわる在来の知と文化/人類学における災害研究ーこれまでとこれから/津波碑から読む災害観ー人々は津波をどのように捉えてきたのか/避難生活下の祭礼とルーティンの創造ー旧山古志村の避難状況下の闘牛)/第2部 地域の記憶(「きりこ」をつくり、「きりこ」をおくるー切り紙に刻まれる、「こわれたふるさと」の再生のかたち/原発事故避難と故郷の行方/東日本大震災が昆虫類に及ぼした影響ー津波被害による昆虫の回復力と原発事故により崩れた人と昆虫の関係/障害者運動の在来知と原子力災害の経験)/第3部 生活の再建(地域社会の連帯と多様性から考える「復興」とその先ー岩手県宮古市・重茂漁協の挑戦/「自主住宅移転再建」その動機と功罪ー津波被災者のレジリエンスに学ぶ/被災地との関わりからみえてきたものー宮城県本吉郡南三陸町戸倉波伝谷での経験から/雄勝の神楽師になることー地域社会と神楽師の関わりからみる芸能と震災復興)/第4部 価値の創造(文化財等レスキュー事業の意義を考えるー被災文化財から文化財へ/脱・文化財レスキューーポスト文化財レスキュー期における文化創造活動の実践/支援から協働へー民俗芸能を復興する/させる方法/「災害文化」を育むまちづくりを目指してー桜ライン311の取り組みから) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 橋本裕之(ハシモトヒロユキ) 追手門学院大学地域創造学部教授。

6