農林 漁業 団体 職員 共済 組合。 厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律の施行に伴う存続組合が支給する特例年金給付等に関する省令の全文・条文

組合 職員 農林 団体 漁業 共済 組合 職員 農林 団体 漁業 共済

改正:• 4 前項の規定により同項に規定する書類の提出を求められた特例年金給付受給権者は、存続組合が定める日(以下「指定日」という。

8
組合 職員 農林 団体 漁業 共済 組合 職員 農林 団体 漁業 共済

2 存続組合は、前項の規定により確認を行うものとされる事項について確認を行うことができなかった場合には、同項に掲げる者に対し、当該確認を行うものとされる事項について確認できる書類の提出を求めることができる。 附則第十五条第一項第一号及び第二項中「千六百二十五円」を「千六百七十六円」に改め、同条第三項中「千六百二十五円」を「千六百七十六円」に、「三千四十七円」を「三千百四十三円」に改め、同条第四項中「三千四十七円」を「三千百四十三円」に改め、同条第五項中「千六百二十五円」を「千六百七十六円」に、「三千四十七円」を「三千百四十三円」に改める。

12
組合 職員 農林 団体 漁業 共済 組合 職員 農林 団体 漁業 共済

TEL (代表)• (5)「特例一時金」の請求手続と時効 【1】「特例一時金」の請求手続. 会計検査院共済組合• 障害厚生年金 [ ] 組合員が、次の1から3に該当したときに支給される報酬比例の年金である。 (ただし、退職または老齢系の特例一時金は退職所得となり、課税対象となるため、「退職所得の受給に関する申告書」の提出が必要となります。

組合 職員 農林 団体 漁業 共済 組合 職員 農林 団体 漁業 共済

1)昭和31年6月30日までの旧制度の組合員期間については、国家公務員共済組合法に基づく遺族共済年金として、日本鉄道共済組合に請求します。 )について準用する。 この統合に伴い、日本鉄道共済組合の組合員期間については厚生年金保険の年金が、社会保険庁から支給されることになりました。

4
組合 職員 農林 団体 漁業 共済 組合 職員 農林 団体 漁業 共済

第五十二条の二中「平均標準給与月額の千分の三・二〇六」を「平均標準給与額の千分の二・四六六」に改める。 )附則第七条の規定により退職共済年金の受給権を取得したときは、特例退職共済年金を支給する。 この場合において、廃止前昭和六十年農林共済改正法附則第五十条第一項中「退職した」とあるのは、「老齢厚生年金の受給権を取得した」と読み替えるものとする。

12
組合 職員 農林 団体 漁業 共済 組合 職員 農林 団体 漁業 共済

)について準用する。

3
組合 職員 農林 団体 漁業 共済 組合 職員 農林 団体 漁業 共済

4 第一項第五号ロの「年金証書番号」とは、第八条の規定により存続組合が交付する年金証書の番号をいう。 この項目は、分野に関連した です。 このため、統合時点の年金額と統合後の規定による年金額との差額(従前差額)を追加支給する特例措置が設けられたのです。

16