イッタラ。 僕が2年間毎日「iittala(イッタラ)」の食器を使い続ける理由

イッタラ イッタラ

ミナ ペルホネンは、デザイナー皆川明氏によって1995年に誕生しました。

9
イッタラ イッタラ

簡素な美しさは世代を超えて愛され続け、現在も変わることなく私たちの生活の中で活躍しています。 「北欧の食器はあまり知らないし よく分からない、、」というお客様にも 声を大にしておすすめしたいシリーズなんです。

10
イッタラ イッタラ

フィンランド国内におけるガラス器市場は、国外からの輸入ガラス器との競争を増していった。 「美しい日常/Vackrare Vardagsvara」をスローガンに、ビルイエル・カイピアイネン、ヘイッキ・オルボラ、カイ・フランクなど、屈指のデザイナーによって生み出された数々の傑作は、本国に留まらず、世界中で長きに渡って愛され続けています。 日本では世界発売に先がけ、2020年7月15日からイッタラショップ、公式オンラインショップ 午前10時販売開始 およびミナ ペルホネンの店舗、ライフスタイルストアなどで発売いたします。

イッタラ イッタラ

これぞティーマ!果物のように瑞々しいカラーたち。

20
イッタラ イッタラ

15色以上のバリエーションがあります。 食卓を彩る歴史ある器たち iittala (イッタラ)はフィンランドにあるテーブルウェアメーカーで、創業は1881年と100年を超える老舗です。 カステヘルカステヘルミは、 朝露のしずくという意味です。

15
イッタラ イッタラ

第二次世界大戦ではとの間に、イッタラの生産は材料不足と労働力不足によってストップしたが、1946年に生産を再開。 ヌータヤルヴィで製造され、廃盤ののちも人気は衰えず、2010年にオイバ・トイッカのデザイナー生活50周年を記念して嬉しい復刻となりました。

イッタラ イッタラ

また、がデザインしたガラス製の鳥も販売している。 次はこちらの記事へ. カラーやアイテムの選択肢の多さや スタッキング、ちょっとした立ち上がりなど 使いやすさの秘密は そこかしこに潜んでいるんですね! さて。 鳥の翼は人々にとっての無限の可能性を象徴しています。