福島 県 双葉 郡 楢葉 町。 楢葉町

町 郡 楢葉 双葉 福島 県 町 郡 楢葉 双葉 福島 県

このように、一口に「浜通り」「相双」とは括れない的・的背景があり、現在でも夜ノ森または()を境にしてが異なっており、旧楢葉郡はやとの、旧標葉郡はやとの交流が親密である。 マンション 0• インターネット無料 0 セキュリティ• ロフト 0• バルコニー 0• 駐輪場 0• 一般県道• (1869年) - 白河藩が棚倉藩に転封(現状に即した形となる)。 1LDK 0• オール電化 0• シューズボックス 0 テレビ・通信• 家賃カード決済可 0 間取り• 町域の約2割にあたる町域東部の海寄りの地域は平地で、中央部・西部はの山地となっている。

11
町 郡 楢葉 双葉 福島 県 町 郡 楢葉 双葉 福島 県

18年()の天下統一による奥州仕置きの結果、楢葉郡は岩城領内におかれたが、5年()のでが石田方(豊臣方)に組したため領地が没収され、のちに(秋田県)に転封。 以降は地域区分名称となる。 (15年)4月1日 - 広野村が町制施行して となる。

19
町 郡 楢葉 双葉 福島 県 町 郡 楢葉 双葉 福島 県

BS端子 0• 事務所可 0• 灯油 0• CATV 0• 浪江の山間部)で活性化を図るなど、独立性の高い地域振興策が実施されていた。

11
町 郡 楢葉 双葉 福島 県 町 郡 楢葉 双葉 福島 県

高速道路•。 タンクレストイレ 0 冷暖房• イデ イデアズキダ イデウエノオカ イデウエノハラ イデオクガイ イデオダ イデカシマ イデカラサワ イデカリアツマリ イデキヤ イデキヤシタ イデコニダ イデゴリウチ イデシバクリリョウ イデシモカワラ イデジョウコウニシ イデジョウコウヒガシ イデセイタロウ イデタカハシ イデタテイシ イデタテノサワ イデタナカ イデダイ イデトコロブ イデナカマル イデニシハラ イデノゾッコミ イデハギタイラ イデハチコク イデヒロウチ イデマエサワ イデムカエノウチ イデモトガマ イデヤチ オオヤ オオヤイワマエ オオヤウエノハラ オオヤオツジロウ オオヤカイホウチ オオヤカネツキドウ オオヤキタバヤシ オオヤクマノ オオヤクロイシ オオヤコンジュウ オオヤゴミサク オオヤツツミシタ オオヤテラシタ オオヤテンジン オオヤドウノウチ オオヤナカダ オオヤナカダイラ オオヤナゴサワ オオヤニシダイ オオヤニヘイゾウ オオヤフルネ オオヤミヤマエ オオヤヤマギシ オオヤヤマネ カミコバナ カミコバナイワシタ カミコバナオツタロウ カミコバナオンナダイラ カミコバナカジヤ カミコバナコヤマ カミコバナジゾウドウ カミコバナソデヤマ カミコバナソデヤマガワラ カミコバナタケシタ カミコバナダイシサク カミコバナテラウシロ カミコバナトサキ カミコバナドトリバ カミコバナナカガワラ カミコバナナカジマ カミコバナナカダイラミズナシ カミコバナナカヤマ カミコバナナルコウチ カミコバナネッコハラ カミコバナババマエ カミコバナフトコロウチ カミコバナミヤタ カミコバナミヤマエ カミコバナモンシタ カミコバナヤマガミ カミコバナヤマミチ カミコバナユイナダ カミシゲオカ カミシゲオカオオクボ カミシゲオカオクガイ カミシゲオカカミオクガイ カミシゲオカカリアツマリ カミシゲオカキタノウチ カミシゲオカケヅリダイラ カミシゲオカコシゴエ カミシゲオカコロクロウ カミシゲオカサイレン カミシゲオカシオガイ カミシゲオカシモオクガイ カミシゲオカトリアゲシタ カミシゲオカナカダイラ カミシゲオカナカハラ カミシゲオカニマイバシ カミシゲオカマツガオカ カミシゲオカムカイダイラ カミシゲオカヤマガミ カミシゲオカヤマネ キタダウエノハラ キタダウシロハラ キタダカネツキドウ キタダカミヤマネ キタダガッパリ キタダコンドウチ キタダゴンゲンシタ キタダサカシタ キタダシモヤマネ キタダシンデンヒガシ キタダダイ キタダダイドウシタ キタダダンノコシ キタダテラワキ キタダテンジンハラ キタダドウノゴ キタダナカガワラ キタダナカマン キタダナワテシタ キタダホソウチ キタダホトケボウ シモコバナ シモコバナイナリマエ シモコバナウエノハラ シモコバナオオキシタ シモコバナオオクラダイラ シモコバナカイドウヒガシ シモコバナカタマチ シモコバナガッサンジウシロ シモコバナクボタ シモコバナコウミョウジシタ シモコバナコバナサク シモコバナサノ シモコバナシトマキ シモコバナシミズ シモコバナショウテン シモコバナトサキ シモコバナナカカワラ シモコバナノベキド シモコバナバクニュウ シモコバナヒグラシ シモコバナヒトツヤ シモコバナヒロハタ シモコバナフノウチ シモコバナフロウチ シモコバナマチ シモコバナモミノキシタ シモコバナヤケノ シモシゲオカアカコナ シモシゲオカイエマエ シモシゲオカイッチョウツボ シモシゲオカウエマツ シモシゲオカオオヤチ シモシゲオカオダバヤシ シモシゲオカコヤチ シモシゲオカシノカラ シモシゲオカノナカサワ シモシゲオカミナミダイ シモシゲオカリントウ ヤマダオカイシカラ ヤマダオカイッショウタイラ ヤマダオカイナリ ヤマダオカウエノダイ ヤマダオカウシロザワ ヤマダオカウツクシモリ ヤマダオカウナギザカ ヤマダオカエキウチ ヤマダオカエノキシタ ヤマダオカオオサカ ヤマダオカオオツツミイリ ヤマダオカオオマチ ヤマダオカオバブクロ ヤマダオカキタゴシ ヤマダオカキタムカイ ヤマダオカコタテ ヤマダオカコツツミ ヤマダオカゴリウチ ヤマダオカサカシタ ヤマダオカサカニシ ヤマダオカシモイワサワ ヤマダオカタケノハナ ヤマダオカタテ ヤマダオカテラウシロ ヤマダオカテラニシ ヤマダオカドウノシタ ヤマダオカナカノシロ ヤマダオカナカマル ヤマダオカナコヤ ヤマダオカナシノキタイラ ヤマダオカナナマガリ ヤマダオカニイツツミイリ ヤマダオカネッコハラ ヤマダオカハグロヤマ ヤマダオカハチマンニシ ヤマダオカハッタンダ ヤマダオカハデニワ ヤマダオカヒロハタ ヤマダオカフルジュク ヤマダオカホソド ヤマダオカホリゴメ ヤマダオカマスダ ヤマダオカマチジリ ヤマダオカマチヒガシ ヤマダオカマツノクチ ヤマダオカミナミザク ヤマダオカミナミヒロハタ ヤマダオカミヤシタ ヤマダハマイズミハタ ヤマダハマイワサワ ヤマダハマウエノダイ ヤマダハマウシロ ヤマダハマウシロジュウ ヤマダハマシウジンヤマ ヤマダハマジンシロウマエ ヤマダハマセキバ ヤマダハマダイヒガシ ヤマダハマチョウジャサク ヤマダハマナカイリ ヤマダハマハチサク ヤマダハマハデニワ ヤマダハマハヤシシタ ヤマダハマホトケボウ ヤマダハマヤブレマチ ヤマダハマヤマミチキタ. 1階 0• 明治29年()4月1日 - 以下の変更が行われ、楢葉郡廃止。 関連項目 [ ]• 陸奥が棚倉藩に転封。

3
町 郡 楢葉 双葉 福島 県 町 郡 楢葉 双葉 福島 県

都市ガス 0• 先代: およびの一部 (を除く) 行政区の変遷 - 次代: (現存). (明治33年) - (2町17村)• シャワー付洗面化粧台 0• ウォークインクローゼット 0• () - 平県が に改称。

7
町 郡 楢葉 双葉 福島 県 町 郡 楢葉 双葉 福島 県

床暖房 0• (5町14村)• (事故後からしばらくは警戒区域・計画的避難区域に指定されていた) 沿革 [ ] 川前村(紫:いわき市 桃:楢葉町 赤:富岡町 橙:大熊町 黄:双葉町 緑:浪江町 青:合併なし)• 郡役所は存続。 - 2006年2月21日姉妹都市及び災害時相互応援協定締結(1996年8月に旧と姉妹都市締結)。

6