中外 製薬 ニュース。 ニュースリリース|会社情報|中外製薬

製薬 ニュース 中外 製薬 ニュース 中外

また、3年後のがん再発率が既存療法より低ければ、アーリーステージの食道がんにおいて外科手術ではなく薬で治す患者が増える可能性もあるだけに、今後の開発動向が注目される。

11
製薬 ニュース 中外 製薬 ニュース 中外

一方、国内でも中外製薬が局所進行性食道がんを対象とした放射線化学療法との併用による第1相臨床試験を新たに開始する見通しである。 さらに2019年には「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を掲げ、IT技術やAI(人工知能)などデジタル技術を活用した革新的新薬の創出やバリューチェーンの効率化にも取り組んでいるところだ。 テロメライシンの特徴は、正常細胞にも感染するが、テロメラーゼ活性の高いがん細胞で特異的に増殖することで、がん細胞を破壊していくことにある。

9
製薬 ニュース 中外 製薬 ニュース 中外

戦略提携を結ぶロシュからのロイヤルティなどの収入も、64. 医療関係者の価値観も変わった。 また、デジタル化の推進を創薬にとどまらず、ビジネスのあらゆるフェーズで、デジタル化を加速させたい考えだ。

12
製薬 ニュース 中外 製薬 ニュース 中外

アクテムラは重症の入院患者を対象とした第3相臨床試験を実施中で、国内外ともに20年中の申請を目指す。

20
製薬 ニュース 中外 製薬 ニュース 中外

なお、テロメライシンの有効性、安全性、製造面での疑義は発生していない。 中外製薬は10月15日、脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する初の経口薬となるリスジプラム(一般名)を日本で承認申請したと発表した。 オフィスの契約の問題もあるので年内に云々とはいかない。

11
製薬 ニュース 中外 製薬 ニュース 中外

(本社:東京、代表取締役会長 CEO:小坂 達朗)は、従来のデジタル化と一線を画すデジタルトランスフォーメーションに向け、「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を策定しましたのでお知らせいたします。

6