魚心 あれ ば 水 心。 ことわざ・魚心あれば水心

水 心 魚心 あれ ば 水 心 魚心 あれ ば

ご参考になりましたら幸いです。

13
水 心 魚心 あれ ば 水 心 魚心 あれ ば

これが長く使われているうちに「 魚 うお 心 ごころ」、「 水 みず 心 ごころ」と濁って発音するようになり、それぞれ一語と解されることになったものでしょう。 状況としては先方の気持ちや出方次第でこちらの態度も決まるということで、相手の態度によってこちらの出方をどうするか決める、というような場合に多く使われます。

水 心 魚心 あれ ば 水 心 魚心 あれ ば

こちらの金の饅頭をどうぞ。 だって、利益というのは心は関係ありませんから。

9
水 心 魚心 あれ ば 水 心 魚心 あれ ば

相手が好意を示してくれれば、こちらも応じようというたとえ。 でもやっぱり、「魚心」と「水心」の間には「下心」が見え隠れしてしまう私がいます。

16
水 心 魚心 あれ ば 水 心 魚心 あれ ば

「水魚の交わり」とは、水と魚が切っても切れない密接な関係にあることをいい、親密な間柄や夫婦の睦まじさを示す慣用句です。

水 心 魚心 あれ ば 水 心 魚心 あれ ば

先輩は、 「魚心あれば水心といいますが、お客様に対して丁寧に真心持って接すれば、お客様も私たちに好意を持って接してくれるようになります。 解説 このことわざは、本来、「魚、心あれば、水、心あり」といっていたようで、水の中に 住んでいる魚に、水を思う本当の気持ちがあれば、水のほうも、同じように魚に対して、好意を もってくるということから生まれたようです。