源氏 物語 関係 図。 「源氏物語」現代語訳をもっと楽しむための登場人物と基礎知識 | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

当初は江戸時代に発行された刊本をそのまま活字化するだけであったが、次第に、より古く、より原本に近いと考えられる本文を求めるようになり、「首書源氏物語」の本文と「源氏物語湖月抄」の本文とではどちらが優れているのかといった議論を経て、1914年(大正3年)に『首書源氏物語』を底本にした校訂本である『源氏物語』が有朋堂文庫から出版され、広く普及した。 の英訳(2001年)は、より一層この傾向を強め、豊富な注を入れ、学問的な精確さを持っている。

物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

現在伝わる巻名にはさまざまな異名や異表記が存在し、もし作者が定めた巻名があるのならこのように多様な呼び方は生じないため、現在伝わる巻名は後世になってつけられたものであろうと考えられる。 本文の伝承の始まり [ ] 紫式部の書いた『源氏物語』の原本は現存していない。

物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

玉鬘の話を聞き、羨ましがる近江の君の姿を内大臣と柏木はからかう。 柏木の召人。

物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

この本文は現在確認されている限りでもっとも古い時代に記された『源氏物語』の本文ということになるが、「絵巻の詞書」というその性質上、もともとの本文の要約である可能性などもあるため、本来の『源氏物語』本文をどの程度忠実に写し取っているのか分からないとして、本文研究の資料としては使用できないとされている。 兵部卿宮に強い影響力を持っており、彼が娘と疎遠になり、ひいては源氏と対立する要因となった。

12
物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

麗景殿(れいけいでん) 帝に仕えた女御の住まい。 夕霧は雲居雁のことを忘れられずにいたが、内大臣の仕打ちを恨み許しを懇願する気にはなれなかった。

物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

その結果、藤原定家(ふじわらの さだいえ/ていか)による「青表紙本(あおびょうしぼん)」と言われる写本と、源光行(みなもとのみつゆき)・親行(ちかゆき)父子による「河内本(かわちぼん)」と言われる写本が現れました。 (ろくのきみ) - 夕霧の六女。 そんな紫の上に光源氏は「そこもまた可愛らしい」と夢中になってしまうのです。

3
物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

源氏物語は、最大のヒロインである「紫の上」の名によって、「紫の物語」あるいは「紫のゆかりの物語」と言われたこともあり、その作者という意味で、紫式部と呼ばれるようになったと考えられています。 こんな方でも、父はよく見捨てないものだ」 (中略) 「向かい合ってお顔を見るのも気の毒になる」 父譲りの面食いだった夕霧は、花散里を厳しく評価しています。

20
物語 関係 図 源氏 物語 関係 図 源氏

出産のため三条宮に退出した藤壺は、さらに源氏を遠ざける。 かつて藤壷の宮に産ませた子の 天皇即位により准太上天皇の地位が 転がり込み、昔の女たちを一堂に 集めて住まわせる。 初めてこの問いかけを行った藤岡作太郎は、「源氏物語の本旨は、夫人の評論にある」とした論の中で、政治向きに無知・無関心な女性だからこそこのような反藤原氏的な作品を書くことができ、周囲からもそのことを問題にはされなかったのだとした。

2