弓 争い 品詞 分解。 源氏物語『車争ひ』解説・品詞分解(1)

品詞 分解 争い 弓 品詞 分解 争い 弓

強調(せめて~だけでも)。

19
品詞 分解 争い 弓 品詞 分解 争い 弓

動作の主体である道長を敬っている。 動作の対象である葵の上を敬っている。 直前が四段の已然形であることから特定できる。

16
品詞 分解 争い 弓 品詞 分解 争い 弓

直後の「給ひ」も尊敬語なので同様。

7
品詞 分解 争い 弓 品詞 分解 争い 弓

給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

2
品詞 分解 争い 弓 品詞 分解 争い 弓

「給へ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である殿(=藤原道長)を敬っている。 動作の対象であるを敬っている。 動作の主体であるこの殿(道長)を敬っている。

11
品詞 分解 争い 弓 品詞 分解 争い 弓

「立つ」は四段活用の動詞でもあり、その時は普通に「立つ」と言う意味になる ここでは、直後に「奉り(用言)」があるため、「立て」は連用形であると判断できることから、タ行下二段の方であることがわかる。 」と申し上げて、 延べさせ給ひけるを、やすからず思しなりて、 延長なさったところ、(道長は)心中穏やかでなくお思いになって、 「さらば、延べさせ給へ。