鑑 意味。 鏡餅

意味 鑑 意味 鑑

旧暦の12月末の夜に、倭俗として円型や菱瓢箪型の餅を搗き、それを神仏に供えたり母方の親族に贈ることを鏡を据えるという。 かがみ。

4
意味 鑑 意味 鑑

「過去の事例に鑑みて、この時期に大規模なセールを実施すると売上げアップが期待できそうだ」 「前回の失敗に鑑みて、かなり余裕を持ったスケジュールを組むことにした」 「過去の実績に鑑みて、広告宣伝費にかける割合はもっと抑えたほうが良いだろう」 「他社の事例に鑑みるに、この製品を1万円前後の価格帯で販売したのでは消費者は納得しないだろう」 「自分の交友関係を鑑みると、類は友を呼ぶという言葉はあながち嘘ではないと納得してしまう」 「マスコミの対応を鑑みると、今回の国家元首による発表は間違いだったかもしれない」 「戦後の社会や経済状況を鑑みると、小型の自動車が市場から求められていると考えられる」 「子供の生活や将来を鑑みた場合、父親のもとで養育されるのが適当であるとの結論に至った」. また、行政の行った行為について疑義が生じたときに、その行為の決定についての証拠ともなります。

意味 鑑 意味 鑑

・He looks young considering his age. 「考える」ことを意味している点は同じですが、先例や規範など参考とする対象がある「鑑みる」に対し、「考慮する」は判断や行動をする前によく考えることを意味します。

20
意味 鑑 意味 鑑

先ほどどちらが正しいかについて触れましたが、そう考えると鏡文と鑑文のどちらも間違ってはいないのです。

4
意味 鑑 意味 鑑

)と述べ(「外道」とは、仏道の外の道の意。 過去を考えることを意味する「顧みる」 過去に起きた出来事を考えることや、過去の人を思い浮かべることを意味する「顧みる(かえりみる)」という言葉。

5
意味 鑑 意味 鑑

どれも、真の姿を見きわめるために使われている言葉ではありませんか。 現在は厳密に使い分けられているわけではありませんが、主なマスコミでは、「土地勘」の表記が使われることが多くなっています。 言葉の規範となる「鑑」と同時に、現実の言葉の世界を忠実に映し出す「鏡」の二つの部分が辞典にはあります。

5