Question: カフェインは神経学的問題を引き起こす可能性がある?

が一緒になって、低から中等度の用量でカフェインが、ADHDなどの特定の神経疾患に対する薬理学的療法的性質とヒトの大鬱病性疾患に対して薬物療法的性質を有するかもしれません。しかしながら、消費量のカフェインは精神病の不安や他の中枢神経系の副作用を誘発する可能性があります。

カフェインはあなたの神経系に影響を与えることがありますか?

カフェインは中枢神経系刺激剤として機能します。それがあなたの脳に達すると、最も顕著な効果は警戒です。あなたはもっと覚醒していなくて疲れていないので、眠気、頭痛、そして片頭痛を治療または管理するための薬の一般的な成分です。

カフェインの原因はどんな疾患が発生する可能性がありますか?

不安。カフェインは警戒を増大させることが知られています。 ...不眠症。カフェインの人々が目覚めているのを助けるための能力は、その最も尊敬されている資質の1つです。 ...ダイビュートの問題...筋肉の故障。 ...中毒。 ... 高血圧。 ...急速な心拍数。 ...疲労。より多くの項目...•2017年8月14日

Write us

Find us at the office

Hussey- Baluyut street no. 97, 56158 Guatemala City, Guatemala

Give us a ring

Timoteo Maizel
+80 733 502 498
Mon - Fri, 7:00-19:00

Write us