宅 建 業法 免許。 【免許基準】と【免許権者】

免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から5年経っていない者• 大変ですが、なるべく分かりやすくまとめてみましたので頑張ってください。 それが、いったん自ら登録を消除することにより、6か月を待たずして宅地建物取引士の事務ができるというのはおかしい。

4
免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

よって、正解( 誤っているもの)は4番となります。

10
免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

過料は行政罰なのに対し、科料は刑事罰となりますが、どちらも宅建免許の欠格要件とはなりません。

免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

- 国土交通省• これも具体的に記載事項を列挙しながら一緒に見ていきましょう。

免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

) 以下、個別に解説していきます。

1
免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

ただ、厳密には、不動産業の中でも、不動産に投資して単純にそれを賃貸しているだけの所謂「大家業」については宅建業の免許が不要であったり、サブリース業のみを行っている事業者も宅建業の免許が不要であったりと不動産業の中でも宅建業の免許を取得せずに不動産業を展開している企業も多くあります。

5
免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

宅地建物取引業者に従事していない人は、ここは関係ないというのか、何も記載されません。

免許 宅 建 業法 免許 宅 建 業法

業務上の不当は行為の禁止規定に違反• 一方、(刑法第209条)はここでいう「暴力関係の罪」に含まれない。

10