パワポ ルビ の 振り 方。 ルビと文字との間隔を調整したい

方 の パワポ ルビ 振り 方 の パワポ ルビ 振り

…ってこの説明で私の意図することが分かった人は天才ですね。 ルビの体裁ですが、基本的にはルビがつく文字(「親文字」と呼びます)の半分の大きさが基本です。 後はこの数字の横に説明文を書いていきます。

13
方 の パワポ ルビ 振り 方 の パワポ ルビ 振り

[ ホーム ] タブの [ フォント] で、[ ふりがなを表示して pronunication をわかりやすくし、[ 設定] をクリックします。

方 の パワポ ルビ 振り 方 の パワポ ルビ 振り

パワーポイントには「ルビ」を振る機能はないようだが、ワードをオブジェクト挿入して行えば「ルビ」が振れます。

8
方 の パワポ ルビ 振り 方 の パワポ ルビ 振り

配置を [整列なし] セルの左端に沿って配置または整列 、[中央揃え] ガイドが適用されている漢字の中央揃え 、または [均等割り付け] ガイドが適用されている漢字の両側に均等に配置 に変更できます。 。

方 の パワポ ルビ 振り 方 の パワポ ルビ 振り

以下、手順を説明します。 一見改行してるだけに見えます。 詳しい操作は、別の機会にご紹介いたします。

方 の パワポ ルビ 振り 方 の パワポ ルビ 振り

そこで、英語の文章の場合は英単語一つのみにルビを振ってから、フィールドコードを 表示して残りの文章を英単語の続きに配置してルビを付け加えます。 3)オブジェクト画面のサイズと位置を調整して完成 オブジェクト画面の全体サイズ(外枠)を調整 オブジェクトの文字サイズを調整 完成 <ご参考> パワーポイントで作ったスライド(ファイル)を Libre Office のプレゼンテーションソフト「 Impress 」で開いてみた。 ルビを修正したら以上で完成です。

方 の パワポ ルビ 振り 方 の パワポ ルビ 振り

また、修正などが発生した場合も容易に修正することができますので、是非チャレンジしてみて下さい。