臥薪嘗胆 由来。 「臥薪嘗胆」の意味と語源

由来 臥薪嘗胆 由来 臥薪嘗胆

その隙を突いたのが呉の南にあった越です。 故事成語関連記事「故事成語『遠水は近火を救わず』の意味や由来について」はです。

由来 臥薪嘗胆 由来 臥薪嘗胆

句践は毎日のようにそれを舐めては呉に対する復讐の気持ちを新たにしていました。 )また、私や嫁ちゃんが喋った言葉を復唱して、いつの間にか自分で使っています。 日本は言われるがまま従い返還しましたが、多くの日本国民が三国干渉に反発しました。

9
由来 臥薪嘗胆 由来 臥薪嘗胆

「臥薪嘗胆」は中国の故事成語です。 一方、勾践(こうせん)の方は苦い肝をなめることで、戦いに勝つことを目指したといい、この二つが合わさったのが、「臥薪嘗胆」の言葉となったのですね。 まとめ 以上、この記事では「臥薪嘗胆」について解説しました。

14
由来 臥薪嘗胆 由来 臥薪嘗胆

20年後、越王勾践は夫差の軍を大破しました。 そのため「敵を討つ」とは、すなわち「復讐」を意味していると考えることができます。

由来 臥薪嘗胆 由来 臥薪嘗胆

・「臥薪」は「薪の上に臥して寝る」ことに ・「嘗胆」は「苦い胆を嘗める」ことを表しています。

9
由来 臥薪嘗胆 由来 臥薪嘗胆

スポンサーリンク 夫差さんは父親の敵を討とうと心に決めました。 伝説時代から前漢の武帝までの歴史が記されており、『日本書紀』の模範ともなった『史記』(しき)や、太古から南宋(なんそう)の滅亡までの約四千年の歴史が時系列で簡潔に記された『十八史略』(じゅうはっしりゃく)が出典となっています。 しかし今度は呉が勝利し、越の勾践は敗北。