ハーレー チョロ スタイル。 ハーレーカスタムパーツ マフラー バガースタイル カプチパーツ

チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

下の写真のローランドサンズのハンドルは、 19インチのキングエイプです。 ここまでのお話は、チョロカルチャーとは縁も所縁もない善良なるメキシコ系アメリカ人(留学生)から聞いたものです。

チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

ただこちらはフリスコの特徴的なアタックバーなどのアップハンドルを採用していないものもあります。

11
チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

例えどんなに良いアイテムを身に着けていても「ダボッ」とダラしなかったのでは台無しです。

12
チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

これで、赤いキャンディーフレークのヘルメットをアクセントとします。 自分のハーレーの背景を知ることが、ファッションに深みを出す 大きく分けて「フルフェイス」「ジェット」「システム」「ハーフ」といったところ。

8
チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

以下に、ポイントをまとめています。 トレール量については、詳細な記事がありますので、こちらの、を読んでみてください。 一般的に社外フレーム使用するなら、リアサスがないリジッドフレームに、ロングフォークですが、上図はそうでなくてもかっこ良いという見本ですね。

チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

そもそもがスピードを楽しむというより鼓動感や雰囲気を楽しむオートバイであること、そしてレーサー系を除いて本場アメリカのハーレー乗りのほとんどがジェットまたはハーフを着用していることから、どちらかと言えばフルフェイスは不向きなイメージが強いです(万が一のときにはフルフェイスが一番効果を発揮するのですが)。

14
チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

最も興味がないスタイルなのでしっかりとした定義がわかりません。 流行りすたりなどなく、1つの王道とも呼べるスタイルではないだろうか。

チョロ スタイル ハーレー チョロ スタイル ハーレー

エイプハンガーなどの伝統的なチョッパーハンドルを採用していたり、セミアップなハンドルの場合もあります。

2