徳岡 孝夫。 檄 (三島由紀夫)

孝夫 徳岡 孝夫 徳岡

」と、檄の全文公表を強く希望した。 最後に行くほど、堅実な自己を獲得していっている。 なお、この本は 1998年、清流出版で『三島由紀夫 生と死』と改題し、刊行した。

8
孝夫 徳岡 孝夫 徳岡

その道だ。 これじゃ、三島の術中にはまってしまったことになる。 今回、徳岡さんと久し振りに会って、改めて徳岡さんとの出会いに感謝したくなった。

孝夫 徳岡 孝夫 徳岡

この賭けを当てたい。 司馬さんの言うことなら間違いないのですから。

8
孝夫 徳岡 孝夫 徳岡

もう勘弁してくれと言いたい。

15
孝夫 徳岡 孝夫 徳岡

・最後に、徳岡孝夫さんの著になる書籍の内、お勧めしたい作品をここでまとめてみる。 自分に拍車をかける。 徳岡さんは、戦場ジャーナリストとして人の生き死にを見続けた経験、関西人らしいホンネ志向で、むき出しの真実をさらりと言い当てる。

12
孝夫 徳岡 孝夫 徳岡

むろん、華々しく自死することなどできません。

孝夫 徳岡 孝夫 徳岡

書名ともなった復活後、書いた随筆「御礼参り」などを所収している。

13