赤穂 民 報。 信州旅行のご報

報 赤穂 民 報 赤穂 民

また八木哲浩は寺坂が引き上げの早い段階で離脱したのだと推測しており 、その理由として『寺坂信行筆記』には引き上げの記述が短い事と、寺坂の主人である吉田忠左衛門が仙石邸に行った事実が記載されていない事を挙げている。 まずは参考までに「忠義碑」冒頭の一節を掲げておこう。

16
報 赤穂 民 報 赤穂 民

浅野内匠頭のストレス [ ] 『冷光君御伝記』によれば、浅野内匠頭は勅使御馳走役が嫌で仕方がなかったらしく、「自分にはとても勤まらない」と述べている。

3
報 赤穂 民 報 赤穂 民

水野伊兵衛は殿中抜刀の罪で死罪となった。 その日赤埴が普段より着飾ってた事に関して縫右衛門の父から苦言を呈されたが、赤埴は苦言に感謝の意を述べ、一両日中に遠方に参るためあいさつに来た旨を述べた。 以下、便宜四段に区切り書き下して掲げてみよう。

9
報 赤穂 民 報 赤穂 民

その良尚は、後継男子(大石良完)とその嫡男が相次いで先立ち、自身も病んで大石家を去り、実家の小山家に帰って没した。 よって赤穂浪士達は吉良を恨むのではなく幕府を怨むべきであり 、彼らは幕府の使者と一戦を交えた後、赤穂城に火を放って自害するべきだったという。

15
報 赤穂 民 報 赤穂 民

吉良家 三河吉良家(西条家)の断絶後、武蔵吉良家(東条家)の義叔(上野介の実弟)は、姓を蒔田 から吉良に戻す許可を幕府に求めていたが、7年()2月15日にこれが許された。 寺では僧二人が吉良家へと送り届け、家老のとが受け取った。

報 赤穂 民 報 赤穂 民

は、常に帯刀している武士の間では口げんかが容易に抜刀、刃傷沙汰になり、さらに家族親類家臣知人にまで波及しかねない危険をはらんでいたことから、喧嘩が発生したこと自体を罪とし、双方を罰することにより、喧嘩に対する抑止力として定められたものである。 そんなに大きな借財ではないと思いますが、普通藩が改易になった場合は借財もチャラになるのが常です。

10
報 赤穂 民 報 赤穂 民

その根拠は、松之大廊下は将軍や御三家、勅使などの特別に地位の高い人が通る場所で高家の吉良が通れる場所ではない事と、赤穂浪士切腹直後に書かれた『易水連袂録』に「浅野と吉良が柳之間で言い争いをした後に吉良が廊下を逃げていき御医師之間の前で浅野が刃傷に及んだ」という趣旨の事が書かれている事である。

報 赤穂 民 報 赤穂 民

その下には射手を侍らせ、堀を越えてくる者があれば誰であろうとも射て落とせと命じたとの話が『鳩巣小説』に書かれているとされるが信憑性に疑問がある。 」がいつなのか明らかではないが、この年「忠義碑」を刻し、さらに「大石家譜」を著して澹泊(文中に覚とみえる)に恵与したので、その後書きとしたのがこの一文である。 事を挙ぐるの始めより、海内竦乎として、震ふあるが若し。

7