白湯 アレンジ。 無味に飽きたらちょい足しで変化を。白湯を美味しく飲むためのアレンジレシピ

アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

しかし、積極的にとは言っても、白湯を使った美容法にもリスクはあります。 しかし、はちみつと同様に取りすぎには注意が必要です。

アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

正しい飲み方のコツ1:タイミングと量 基本的に白湯を飲むのは、日中のいつでも構いませんが、適しているタイミングは何度かあります。

1
アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

ハチミツの持つ美容効果 最近、スーパーやドラッグストアで中国産ハチミツの取り扱いが増えていますが、個人的には、栄養価が高く風邪予防効果のあるニュージーランド産のハチミツ「マヌカハニー」がオススメ。 15分ほどたったら火を止め、コップに入れて50度ぐらいになるまで冷まして飲みましょう。

19
アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

白湯の中に、小さじ1杯のオリーブオイルを加えます。 香りが増して飲みやすくなるだけでなく、副交感神経を働かせて神経をおやすみモードに切り替えてくれます。

12
アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

しかし、続けていくうちに白湯に甘みを感じるようになり、やがてどの飲み物よりも一番美味しく感じると言う方もいらっしゃいます。 <ココア白湯> ココアにはアンチエイジング効果が期待できるポリフェノールのほか、便秘改善をサポートする食物繊維が含まれており、女性に嬉しいインナーケアアイテムの一つ。

16
アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

ですが、オリーブオイル白湯は「 ほぼ無味」なので、味に変化が欲しい場合には不向きかもしれません。

アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

生生姜じゃなく、ジンジャーパウダーや生姜チューブでも大丈夫です。 その時は、はちみつを入れたりして味に変化を出してみて下さい。

アレンジ 白湯 アレンジ 白湯

白湯にシナモンスティック1本を入れるだけです。