ジャンピング スマッシュ。 ジャンピングスマッシュの習得の仕方を教えてください。また手首・腕力を鍛えられ...

スマッシュ ジャンピング スマッシュ ジャンピング

さきに体重移動と腰の回転、腕の回転を利用した身体の使い方を覚える必要がある。 いくら高く飛んでいいスマッシュをうてたとしても、着地した時にバランスを取れなかったり、体が流されるようでは返球された時に対応できません。

20
スマッシュ ジャンピング スマッシュ ジャンピング

その為には体幹筋力がものをいいます。

16
スマッシュ ジャンピング スマッシュ ジャンピング

フォームが異なれば、相手はすぐになにを打ってくるのか、わかってしまいますが、フォームが同じであれば、最後まで何を打ってくるのかを、見極めなければいけないからです。 同じスピードで、自分の真横に落ちる球と、自分の斜め前に落ちる球では、圧倒的に後者がとりにくいんです。 だが、次の瞬間、シャトルは順平ペアのネット際に落ちていた。

15
スマッシュ ジャンピング スマッシュ ジャンピング

相手に精神的ダメージも与えられますから、習得しておくと強力な武器となります。 これが出来ると実際の試合で、余裕を持って処理できるようになります。

15
スマッシュ ジャンピング スマッシュ ジャンピング

自覚のない本人は手首に力を入れているので、なんとなく飛ばせているような気がするのですが、飛ぶような気がしているだけで、 実際には大きな力のロスをしてしまっているのです。

15
スマッシュ ジャンピング スマッシュ ジャンピング

何度も飛ぶことで体にはとても負荷がかかりますし、まだ筋力が足りない状況で何度もやれば怪我などにも繋がります。 さらにテクニックとして、「 ジャンプの上昇途中」「 最高到達点」「 ジャンプの下降途中」などシャトルを打つタイミングを自分で打ちわけられるようになると、相手の準備タイミングも外すことができるようになります。 この地道な練習が ジャンピングスマッシュの精度を上げ シャトルの速度を上げていき 結果的に得点力アップにつながります。