あげる 謙譲 語。 「やってあげる」はどういう意味?

語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

「与える・あげる」の敬語~謙譲語~ 「与える・あげる」を謙譲語にすると、どう表現するべきなんでしょうか。

語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

目上の人が何かを誰かに「見せる」ときに、「お見せになる」という尊敬語が使われます。 名を列挙する。

11
語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

喋る言葉と違い、送る前に一度確認できるメールだからこそ、間違いがないように敬語を使いたいものです。 敬語は急に使えるようになるものではなく、日頃から勉強することが大切です。 【その他の例2】 「A子に譲ってあげた(のに、感謝の言葉がなかった)」 など、後ろに否定的な内容が続くと上から目線ととられるかもしれません。

2
語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

また、「教えてあげる」「作ってあげる」などもその動作を他者にしてやるという意味の丁寧表現です。 「物を差し上げる」場合に幅広く使える 「差し上げる」は、何か「物をあげる」という場合に幅広く使える表現です。

語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

基本的に「です」「ます」口調と言われているものは、丁寧語になります。 敬語は使い方が大事 「与える・あげる」を定型に従って、敬語にすればいいという訳ではなく、尊敬語の基本の意味「相手の行動を敬う」という、意味をおさえて「与える・あげる」の表現方法を選びましょう。

13
語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

この「させていただく」は、汎用性の高い表現として幅広く使えますので、覚えておくと大変便利です。

語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

」と言い換えることができます。

8
語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

相手の行動に差し上げるをつけるのは間違い 注意したいのは、「差し上げる」の根本的な使い方の間違いです。 つまり、あなたが~してくれたら喜ぶ事ならば、上から目線だろうと何だろうと嬉しいからokだと思うのです。 尊敬語とは「相手の行動を敬った表現」を言います。

6
語 あげる 謙譲 語 あげる 謙譲

差し上げるとは 「差し上げる」は「あげる」「与える」の謙譲語に該当します。 例として、近しい人に品物を渡す場合「さしあげる」がよく使われますが、キャンペーンのプレゼントなどでは「進呈する」という風に場面によって様々な使い方をされています。

9