Ff8 ラグナ。 キャラクター/【ジュリア・ハーティリー】

ラグナ ff8 ラグナ ff8

正体 作中では明確に示されなかったが キロスたちの言葉で推測できる 、スコールはラグナとレインの子である。 リノ=アル示唆とも思えます。 性格 スコールと真逆で明るくひょうきん。

ラグナ ff8 ラグナ ff8

ジュリアに惚れていたが、自分を看病してくれたレインを愛してしまい、 怪我が完治してもに戻れなかったらしい。 でも時間は無限ループってのが私の説です(^v^)• 道案内を自ら買って出ておき迷う。

10
ラグナ ff8 ラグナ ff8

アナザーフォームは『ガルバディア兵』。 当時は皆から「キスティ」と呼ばれていた。 互いに相手の長所を自分なりに消化して少しずつ成長していく はむしろ恋愛ドラマではなく成長ドラマとして見たほうが分かり易いかもしれない。

15
ラグナ ff8 ラグナ ff8

この手の企画にありがちなネタに走った投稿が散見…というより大半がネタ系投稿であった。

ラグナ ff8 ラグナ ff8

出世頭ではあったが、立場上身動きはとれず現在に至る。 ストーリーの都合での強引な展開という印象は拭えない。

ラグナ ff8 ラグナ ff8

FF8はラグナが居なかったら成り立たないぐらい各方面に影響を与えてるな。 イデアが魔女の騎士とは心の支えと言っていましたが、魔女の力を継承しないと決めたリノアはスコールが死んだ後、永遠に孤独に生きる事になりますし• 幾星霜の時を経ても、リノアはスコールを見て思い出す… 2人が次元の狭間で約束の場所、時代を思い出して戻ることができた! まさしくリノアとスコールの果てしない愛を描いたのではないかな?と思います 約束していなかったそれまでは、スコールに倒された後にスコールと再会できずリノアは悪の魔女となり、 ハインの意思により時間圧縮を目論見、スコールに倒され、イデアに継承し、リノアに継承され、スコールに倒された後に再会できず悪の魔女へ… と繰り返していたが 約束できた本編でやっとループから脱出して 2人が再会できたのだと! その時間軸ではイデアは解放されていてアデルもいない、過去のイデアに継承したリノアも魔女ではない 魔女の呪縛から解放された文句無しのハッピーエンドと言えるでしょう。 私は並行世界 パラレルワールド 有り、 リノアル説は『数ある未来のうちの1つ』派 として捉えています。

15
ラグナ ff8 ラグナ ff8

EDのムービーでラグナにプロポーズされて抱きしめあうシーンは、FF8でも屈指の名シーン。 レインの家の隣には、モンスターに両親を殺され孤児になった「エルオーネ」という女の子が住んでいたのですが、彼女はエルオーネを引き取り、わが子のように育てます。

3
ラグナ ff8 ラグナ ff8

また、原作で見られた緊張すると足がつる癖やおかしな読み間違いも健在で、例としてイミテーションをイルミネーションと呼んでいた 即座にから訂正されていたが。

8