遠藤 ケイ。 542夜『熊を殺すと雨が降る』遠藤ケイ

ケイ 遠藤 ケイ 遠藤

76歳には過剰だったのかもしれない。 その通りだ。

20
ケイ 遠藤 ケイ 遠藤

メールも切ってある(メールは30年間、使っていない)。 それは「煙草」と「お茶」(あるいは珈琲)だ。 それは思想の開陳でもある。

16
ケイ 遠藤 ケイ 遠藤

この世の「闇」は大きく深い。

ケイ 遠藤 ケイ 遠藤

手作りおもちゃ大百科()• 済まして並べていて、いいわけがない。 そこをたんなる自粛で乗り切ろうとすると、「いびつ」がおこる。 自然や民族文化などへの関心が高く、日本各地をはじめ、南太平洋の島々などへも足をのばし、ノンフィクションの作品のための取材を重ねている。

19
ケイ 遠藤 ケイ 遠藤

いまや危険なのはキャバクラやホストクラブではなくて、家庭のほうなのである。 その宿命を背負っているのは、なんといっても病院などの医事現場である。 もともと根っことは分断されていて、その後も腰は落ち着けるが定着はしない。

6
ケイ 遠藤 ケイ 遠藤

同書でいう自然とは、広く外界のことで、子どもにとっては「闇」であり、歩み出すのは怖いこと。

3