痴れ 言。 藐姑射秘言

言 痴れ 言 痴れ

亦 また 、前の如く飛びて、相闘ふことやまず。 日本の鬼は、人間や神と互いに変換しうるものとして考えられている。

19
言 痴れ 言 痴れ

かれ、男にしもあらば、今日このごろは、さる国々行き巡りて、寺社のかぎり巡礼しありきて、 ここらの銭をこそ遣はめ」と言ひけり。 八瀬童子は大葬で天皇の霊柩をおさめた「葱華輦 そうかれん 」という輿を舁 か くのみならず、即位の際の御大典には「鳳輦 ほうれん 」という輿も舁 か き、両極の儀に参与する。 武蔵鐙(むさしあぶみ)を煩(うるさ)しと、な思しはしたなめ給ひそや。

7
言 痴れ 言 痴れ

顎爺も発狂して愚痴スレ荒らしに来たしヒットマークだな この状況に歯噛みするしかないイナリはTwitter・草百"艦これアンチ"で発狂するしかなかった。 民衆の側からすれば、鬼の出現などの社会不安は、一種の徳治主義の中での体制への批判であり、鬼が反権力の象徴ともみなされたことや、鬼の絶対的な力・破壊力に対する憧れなども、鬼が愛される理由としてあげることができるであろう。

言 痴れ 言 痴れ

その間にも艦これアンチ勢に傷つけられた 傷心を癒し、自尊心を満たすためにアンチのアンチ勢の溜まり場となっている"艦これアンチ"スレに度々姿をみせ ID:iELWoMgBPI 、徐々にだが彼自身も心身を拗らせアンチの暗黒面へと近づきつつあった。

12
言 痴れ 言 痴れ

どうにかして、「伊勢物語」と「大和物語」、この二巻を、探し出して、私にください」と言うので、 母は、「つまらないことを言うものだね。 埋もれいたき(内気な)生直人(きすくびと=真面目な輩)の祖父(おほぢ)の孫(うまご)の娘、いつき装束(さうぞ)きて、今宵ばかりは男(をのこ)の数、多からんやうにと(祖父は孫娘を)出しやり、郡の大領の愛娘をさへに、稲搗きてかゞれる(ひび割れる)手もて戯(たは)くるをも、神の諌めぬ習ひになんありければ、「我が妻に人も戯けよ、人妻に我も戯けん」と言ひけんやうに、そこの小林(をばやし)に引き入れてせし人の面(おもて)も知らず、道行き人を誰(たれ)と知らねど、たらちねの母が呼ぶ名を乗る(名乗る)もあるべし。 築地(つひぢ)かと見れば、さはあらで、木の枝に稲幹(いながら)なん掛け並(な)べたりける。

言 痴れ 言 痴れ

… 蒲原有明『「あひびき」に就て』 より引用. 故、高皇産霊 たかみむすび 尊、八十諸 やそもろ 神を召し集 つど へて、問ひて曰 のたま はく。

4
言 痴れ 言 痴れ

まだ、かうやうの気近さは習はざりければ、むくつけくて(疎ましくて)、股(もゝ)を堅う閉めて拒(すま)はんと侘ぶるを、これかれして、やう/\に指を届けて雛尖(ひなさき)の間より差し塗り給へりけり。

4
言 痴れ 言 痴れ

黄泉路にて仏に会ひたらんより、実に嬉しくて、やがて惹かれて忍び行きたれば、湯引き屋に湯浴むるほどなりけり。