Question: ゲンタマイシンを注入するべきですか?

ゲンタマイシン静脈内投与された場合、静脈内または3分以内にドリップセットチューブに注入する必要があります。注入によって投与される場合、これは20分以内では100mlよりも大量の流体ではないはずです。

ゲンタマイシンは注入されることができる?

ゲンタマイシン注入は静脈内注射される液体として(静脈)または筋肉内(筋肉内)。ゲンタマイシンが静脈内注射されると、それは通常6または8時間に1回30分~2時間にわたって注入(ゆっくり注射)される。

は、ゲンタマイシンがIVプッシュ?

いくつかの抗生物質は食品および薬物投与である。多くのベータラクタムを含むIVプッシュ投与のために承認された。さらに、セフェピム、セフトトリオキソン、イルタペネム、ゲンタマイシン、およびトブラマイシンは、IVプッシュ投与をサポートするための一次文献データを有する。

ゲンタマイシンは皮下に与えられるか?

結論:カフ周辺の皮下ゲンタマイシン注入は寛容で効果的である耐性ESIを治療するための戦略。この治療の広範な承認を得てESI管理についての合意に達するために、追加の研究が必要です。

どのようにしてゲンタマイシンIVを混合していますか?

は、処方された用量のゲンタマイシンを100~200mLで希釈することができる。水中の滅菌通常の食塩水または5%グルコース。溶液中のゲンタマイシンの濃度は1mg / mlを超えてはならない。

ゲンタマイシンはどのくらいの期間幾何学的αに留まりますか?

ゲンタマイシンは体内に代謝されず、主に腎臓を介して微生物学的に活性な形で変化しない。正常腎機能患者では、除去ハーフライフは約2~3時間です。

Write us

Find us at the office

Hussey- Baluyut street no. 97, 56158 Guatemala City, Guatemala

Give us a ring

Timoteo Maizel
+80 733 502 498
Mon - Fri, 7:00-19:00

Write us