鳳凰 戦 a1 リーグ。 勝又健志が卓内トップ 決定戦進出にあと一歩「チャンスは残った」/麻雀・鳳凰戦A1リーグ(2020年11月26日)|BIGLOBEニュース

リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

タンヤオリーチで1,000・2,000ツモ、リーチツモ ドラと、2回ツモアガってトップを取った。 最終戦は悔やまれますが、チャンスは残ったので頑張ります」と、さらに上を目指していた。

リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 11節 12節 13節 合計 1 沢崎 誠 群馬 33. Mリーグとは異なり、順位点が少ないルールでの勝ち方を知り尽くした戦いぶりで、トータル順位でも暫定首位に浮上した。

9
リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

【試合結果】 1位 勝又健志 +55. 同じくMリーガー、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人も同卓する中、勝又は1回戦からトップを取ると、好調にポイントを伸ばした。 最終節の卓組みが決まる戦いとなったが、暫定首位だった沢崎がトップ2回、2着2回の全連対。

リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

上位3人までの決定戦進出に向けて、ボーダーラインとなる4位まで145.。 伊藤はリーチを受け丁寧に回りドラ2枚にして になっていた。

12
リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

3位西川は現状維持で鳳凰位決定戦をかけた最終決戦へ。

20
リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

同じくMリーグ、TEAM雷電の瀬戸熊直樹、EX風林火山の勝又直樹と4人中3人がMリーガーという顔触れになったが、佐々木は初戦こそ沈んだものの、そこからの3戦はオールプラス。 A~Eまで計11のリーグに分かれている。

18
リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

(ABEMA/麻雀チャンネルより). 日本プロ麻雀連盟所属プロ雀士によるプロリーグである。 などでは月曜日のA1リーグと火曜日のA2リーグの全対局を毎週1卓ずつ 、またB1リーグについても前期・後期ともに第4節まではセレクションとして配信卓のみ配信され、最終節は4卓を1回戦ずつ入れ替わりの対局として配信される。 9ポイント差をつけた。

2
リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

出場資格:日本プロ麻雀連盟所属プロ雀士。 【試合結果】 1位 佐々木寿人 +60. 日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」への挑戦権を争う、鳳凰戦A1リーグの第11節A卓が11月11日に行われ、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」KADOKAWAサクラナイツでプレーする沢崎誠が、Mリーガー3人が集う卓で、競り合いを制し卓内トップを取った。

6
リーグ a1 鳳凰 戦 リーグ a1 鳳凰 戦

ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。

7